境界線上のホライゾン 2期 1話感想

濃いなぁ、おい!

境界線上のホライゾンII (Horizon in the Middle of Nowhere II) 1 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2012-09-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 境界線上のホライゾンII (Horizon in the Middle of Nowhere II) 1 (初回限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


待ちに待った2期がついに放映です!!

濃いですねぇ、実に濃い。
特濃です。
原作にも負けず劣らず、「境界線上のホライゾン」はこうでなくちゃという感じです。

出来の方も1期同様文句なし。
2期(=2巻)を1クールで、という部分にはやや不安があったものの、1話でここまで進めてくれて、それでもなおこの出来とあらば、これはもう不安など感じる必要はなさそうです。
1期では削られ気味だった外道会話も、初っ端から東のせっくす」連呼とか今回は自重しない方向でいきそうですし、あとはせいぜい表示枠での会議中のやり取りなど、あの辺の表現をどうするのか、くらいですね。


ということで、あとは色々と心に残った場面について。

「全裸解禁」
初っ端から全裸が全裸に。
この男、ここからは最早服をまともに着ているほうが稀なので(笑)
っつーかツッコミが後半も過ぎてからようやくとかいう。
しかも敵側から。
つまり味方にとってはこの程度は突っ込むほどの異常事態ではないと。
武蔵の常識の狂いっぷりが如実になるエピソードですね。

「OP」
なんで刀身に写るメアリが裸なんだよ!www
そしてネシンバラの「鎮まれ僕の右腕」・・・・・まぁ間違ってはいないな(笑)

「そいつは俺のリアル派だ」
フアナ副会長の「もみもみ事件」もとい「ぐにぐに事件」。
タメがなかったのだけは残念でしたが、2期では敵側も顔を崩すようになりましたね。
っつーか戦闘中でも自重無しww
まぁこれも原作に忠実といえば忠実という話なのだが。
初お姫様抱っこが全裸系汚れ芸人(♂)という悲しき大人の階段を一つ登ったパシリ忍者はまぁ今後イイ目を見るんだからそれもいいんじゃない?

「海賊女王グレイス・オマリ」
房栄さんもそうだったけれど、グレイス・オマリもなんかイメージよりも若くて可愛いなぁ、おい!これなら子持ちでも俺、イケるで?むしろ子持ちだからこそイイ!

「シェイクスピア」
個人的には声がちょっと違ったかな?
とりあえずもうちょっとボソボソした感じの喋り方のイメージだったかも。


とまぁ他にもいろいろとあったんだけれど、とりあえずはこんなところで。

一つだけスタッフに告げることがあるとすれば、
ネイトの餌付けとマニキュア塗り塗りだけは絶対に端折るんじゃねーぞ?
って話。
これを端折られたら・・・・おれぁ何するかわかんねーぜ?
きっと首吊りの時に原作を踏み台にしてしまうぜ?
「終わりのクロニクル」と合わせれば安定感も抜群だぜ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック