まだなのマイヒーロー!?

ヒーローとは?

まだなのマイヒーロー!? (集英社スーパーダッシュ文庫)
集英社
2012-07-25
あきさかあさひ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by まだなのマイヒーロー!? (集英社スーパーダッシュ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「結局、自分が正しいと信じる正義を行使するしかないんでしょうか」
「そうだね・・・」
「ただ大事なのは、自分の信じる正義が本当に信じられるものなのか、いつも考えるのをやめないことだと思うの?思考が停止しちゃった瞬間から、その正義は劣化していくと思う」


「正義」というものについて色々と語られていますね。
真新しい主張があるわけではありませんが、その主張はどれも自分の主義とも合うので楽しめました。

挫折した主人公が再び立ち上がるまでの物語でもあります。
今回、ほとんど最後までヘタレていて、最後の最後にようやく立ち上がった、まさに「ヒーローは遅れてやってくる」を地で行く展開ですが、「ヒーローを支えるもの」への言及もあるわけで、個人的には主人公には「支えるもの」の一人にして、精神的な部分での「彼女達にとってのヒーロー」を今後は期待したいです。

そのために作者には、主人公自身がかつて語った「人間にとって最大の栄光は、一度も転ばなかったことではなく、転ぶたびにまた立ち上がることだ」という言葉を体現するかのごとく、何度も何度も精神的に追い込み、追い詰め、熱して冷ましてガツンガツン叩いて叩いて、彼自身の正義と覚悟を鍛造して鍛え上げていって欲しく思います。

今の彼はあくまでかつての、挫折を知らなかったケツの青い子供時代の遺産で彼女達のヒーローでいられているようなもので、今の彼自身がヒーロー足りえているかという読者からすれば疑問極まりないわけですので。
ちょっとした言葉や行動であっさり奮起して「これまで通りに頑張りますんでよろしく」ではさすがに認められない。
賢しらに語る言葉のどれもがハリボテの、ぬるま湯に浸っていた時の彼の言葉でしかなく、説得力が足りない。

だから彼が真に彼女らのヒーロー足りえる存在なのだと、彼は彼の言葉を自ら体現するヒーローなのだと、彼らを苦境に何度となく追い込む事で表現して欲しいと思います。


そんなわけでこのシリーズ、期待は大です。


ちなみに主人公が豆腐メンタルという感想をいくらか見かけましたがどう考えても一番の豆腐メンタルは凹られた不良かと。
カツアゲしようとして反撃されて登校拒否とかwww
いや、ま、親が事情聞いて過剰反応って説もあるのやもしれませんけど、「カツアゲしようとして逆に凹られました」とか普通言えんだろとか思うとなぁ・・・、っていう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック