催眠遊戯 舞夜編体験版 感想

催眠ゲーだけどそこらの凌辱ゲーとは一線を画すヨー。

催眠遊戯
スタッフィング
2012-10-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 催眠遊戯 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「エロゲで催眠ゲー」と聞けばまぁ十中八九が凌辱ゲーでしょう。
それも催眠術ってのはいとも容易く見ず知らずの人間をホイホイと操れる魔法みたいな力。
それを操る主人公はキモオタだのゲスだのクズだの。
そしてヒロインは凌辱されるべき「記号の集合体」でしかない。
まぁその認識は概ね間違っていないものと思います。

が!この作品は違います。
催眠術とは心理学などに基づく歴とした技術であり、施術者と被術者の間に信頼がなければ掛かるものでなく、そして掛けられたとしても一足飛びに意のままに、なんて安易な展開もない。

まず催眠術を掛けさせて貰う為にヒロインと一定の信頼関係がなければならない。。
その為には主人公が嫌われ者でいるわけにはいかないし、相応に人格者であることが求められる。
そして一足飛びに事が進展しない以上、継続的な施術とそれに対する好感情が必要。
つまり「催眠術をネタにヒロインと仲良くなるギャルゲー」のようなものだとも言える。
そしてそうやってエロ以外の形式でヒロインとの交流があるのでヒロインがただの記号から脱却できるのです。

が!無論それだけの作品ではない。
なぜならこれはエロゲーだから。
最初はただの余興としての催眠術が、無防備な姿を晒すヒロインを前にした主人公の魂を堕落させ、徐々に徐々に妖しい展開を繰り広げていくわけであります。

このライターは過去に似たようなテーマ(?)の作品を同人で書いており、そちらがもうとにかく素晴らしい出来で
↓なんですけどね。

タイトルは催眠実験。

寺の息子で人よりも老成したところのある主人公が興味をふと持った「催眠術という技術」。
それを練習させてもらうきっかけを得た二人のヒロイン。
催眠術の練習の日々が、二人の距離を詰め、また隠された悩みを知ることとなり・・・・。
みたいな。
ヒロインに好かれるのはあくまで主人公自身の魅力。
催眠術で心を捻じ曲げて~みたいな作品ではないので、ちょっと興味を持ったら体験版でもやってみるとよいのではないかと。


こう、ある程度「普通」に仲良くなったヒロインを何らかの力で意のままに~とか、「普通」じゃないエロスに進む作品ってなんか自分の嗜好に合うんですよねぇ。
今回2つ上げた作品とかもろそれですし、「らぶらぼ」や「ピュアガール」に興味を持った理由もそうですし。
他に黒虹の「ガジェット」という作品とか。
↓これですね。

これは幼少編・学園編とヒロイン達と仲良くなった上で、訪れる○○編で「主人公が」心を少し捻じ曲げられ、その主人公と主人公の心を捻じ曲げた存在によりヒロイン達の方にもいろいろな展開が待ち受けると言う。
まぁ「いろいろ」とはいえ「黒い純愛」なんて銘打たれているだけあって、凌辱とか寝取られとかそういう方向ではないので。
ちなみにこの作品、「ヒロインの母親」もまたヒロインという、仮にも「純愛」を謳っているのに不倫かよ!みたいな。
しかも下手したら娘達のルートよりも力入ってます!みたいな。
自分も母親ルートの方が好きだったりしますし。
なんか間違ってるよね?みたいな。
まぁこのブランドは年増系ヒロインの魅力が何故か毎回一番なんですけど。
これも興味を持ったら是非。



感想っつーよりも紹介になっていたので軽く体験版の方の感想も。
個人的にはいつか催眠実験のフルプライス版とか出してくれないかなぁとか思っていたので、その発展進化・・・というか、まぁ似た系統の作品になりそうでちょっと期待値高めです。
ただCGのいくつかに輪姦に至りそうな複数の男の影があるのが不安の種。
自分、輪姦属性とかありませんので。
でも「他の男に取られたくないし」的な発言があったので大丈夫なのかなぁとも。

主人公が割りとあっさりと堕ちたのは正直拍子抜けというかなんというか。
その点では催眠実験の主人公の方が魅力的だったかな?
まぁ途中で終わっちゃったんでどこまで行くのかわかりませんけど。

それでもそこらの純愛ゲーよりも個人的には主人公に好感持てるんですけどね。

あと関係ないけどタイトルで一人だけサブヒロインがハブられてません?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック