催眠遊戯 感想その1

体験版を良い意味で裏切ってくれました。

催眠遊戯
スタッフィング
2012-10-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 催眠遊戯 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


えー、まず初めに、このエロゲは「催眠術」がテーマですが、このゲームで使われる「催眠術」はキーワード一つで見ず知らずの女性を操れるような万能の力ではありません。
心理学等を用いた歴とした技術であり、信頼関係がなければそもそも催眠術にかけられないし、被術者がイヤだと思う事はかけられません。←ここ重要
つまり主人公は普通のギャルゲ・純愛エロゲなどのように、ヒロインと普通に仲良くならなければいけないという事です。

ゆえに、普通の催眠凌辱ゲーなどとは違い、ヒロインのキャラクターが確立されています。
それが恐らくこの作品が数多ある催眠ゲーと一線を画す部分なのではないかと自分は思います。

そして普通の純愛ゲーなどのように仲良くなったヒロインの心を催眠術で丸裸にし、普通では考えられない、純愛ゲーではまず見ることの出来ない特異なシチュエーションのエロスを楽しむことが出来る、というのが純愛ゲーとこの作品の一番の違いで売りなのです。
普通に仲良くなったヒロインだからこそプレイヤーはヒロインに惹かれ、そんなヒロインを思うがままに操ると言う背徳感がもたらすエロス。
これは意外とキます。



とりあえず今回は1回目のプレイで分かった大まかな流れについて。
体験版をやった時点で、予想していたよりも早い段階で主人公がヒロインに手を出してしまい、催眠術を己が欲望の為だけに使ってしまい、それがちょっと引っかかっていたのですが、あれは「体験版だから」だったようで、ゲーム本編ではここで手を出すか出さないかの選択肢が出現し恐らく鬼畜ルートと純愛ルートに分岐するのではないかと。
・・・・・・・まぁ、そこで手を出さなくてもちょっとしたエロい事はどの道するんですけどね。

そして最初の選択肢で選んだヒロインとの仲を進めていくと、そのヒロインとの仲をさらに深めるか、他のヒロインにも催眠術の練習台になってもらうかの選択肢が出現します。
これで多分ハーレムかヒロイン専用ルートになるかが別れるのではないかと。
個人的には純愛or鬼畜とさらに練習台になってもらうヒロインの数&順番で色々と分岐してくれると嬉しいなと考えているわけですが、とりあえず先に練習台になってもらったヒロインに手を出さずに、2人目の練習台をお願いしたヒロインにも手を出さないとノーマルエンドになります。
おそらく2人のヒロインに練習台になってもらい、どちらにも手を出すと鬼畜ハーレム系エンド、一人のヒロインにのみ練習台になってもらい、選択肢で手を出さずにいると純愛系、手を出せば鬼畜系のエンドになるのではないかと。


ともあれ、主人公がある程度自制の利く人間である事や、また自らが道化になる事に抵抗感のない、良い意味でプライドのない人間で(あくまで「良い意味で」です。「悪い意味で」プライドがないとそこらの催眠凌辱ゲーの主人公のようになります・・・自分の認識では)、得意分野では少なくとも一般レベルからは確実に突出した特技を持っているという事で相応に魅力のある主人公である、という点や、催眠術を万能の魔法のように扱わずに蓄積や知識などが必須の技術として描く点など、同ライターがかつて同人で書いた「催眠実験」と同系統の作品なので、そちらをかつて楽しんだ方は買って損のない作品ではないかと。
また逆に、「フルプライスで冒険はちょっと・・・・」という人は同人の「催眠実験」をまず買ってプレイしてみる事で試金石とするのが良いのではないかと。
・・・・まぁ「催眠実験」は同人ゲーとしてはやや割高で3000円ちょいするんですけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック