0能者ミナト 5

湊さんはダメ人間だから素敵なんや!

0能者ミナト〈5〉 (メディアワークス文庫)
アスキーメディアワークス
2012-12-25
葉山 透

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 0能者ミナト〈5〉 (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『この石をただの夜泣き石だと思ったら大間違いだ。へたに扱ったら祟られるぞ』
「祟られるとか、なんとなく先生っぽくないわ」
「っていうか親切に忠告めいたこと言ってるほうが、おっさんらしくないよ」


いやぁ、相変わらず湊さんは素敵ですね。
もう読んでいてニヤニヤが止まりません。

すべての登場人物の先を行く思考という超越性を持ちながらとことんまでクズなダメ人間っぷりと0能力が上手い具合にバランスを取っていてとても愛すべき主人公に仕上がっていると思います。
思考の超越性というなら「カレとカノジョと召喚魔法」の水瀬遊矢が似たタイプのキャラ。
また能力面で超越しつつ人格面でクズっぷりを見せる主人公というと「風の聖痕」の八神和麻なんて主人公がおりますので、それぞれ興味があれば手にとってみてください。
個人的にはどちらもオススメのシリーズです。


さておき、本編のお話。
「石」のお話の方は湊さんの出番が少なめで物語的にはもの足りなめ。
ユウキの不憫さをニマニマ見つめる第三者が居るとあのこまっしゃくれたガキというか可愛げの少ないガキンチョもあれで可愛く見える不思議。
そして出番がほとんどなくとも存在感だけはバッチリの湊さんの扱いもあって楽しめなくはありませんでした。
「助けにきてた湊さん」というかなりレアなデレ湊が見られたのも一つの収穫か。


もう一方の「詐」の方は正直ネタは1から10まで分かりやすかったかな。
あからさま過ぎてさすがに本山の人間が気づかない・・・っていうが予想も出来ないってのは無理があるというか。
それだけ頭が凝り固まってしまっているという事なのだとすれば士道が見限ってしまうのも自明の理という感じもありますが、だからといって詐欺で金儲けという方向に進むのではその性根は本山と同類じゃないのかな?と思わないでもない。

サトリを思考だけで再起不能に陥れる湊さんがマジパネェです。
こういう思考のみで圧倒するってシチュはマジでたまらんですね。
そしてその後の五億円の通帳を見つめてニマニマする湊さんとの落差。
湊さんはやっぱりこうでないと!

でもまぁここでわざとらしくも見せびらかすのが湊さんですよね。
そして孝元が小言共に没収。
そこまでが予定調和。
本気で掠め取る気なら気取らせないくらいの事はきっと湊さんなら容易に出来そうだし。

士道が倫寧の為に生きて、彼女と暮らすための資金として金を集めていたのならもしかしたら湊はあの五億円を回収しなかったんじゃないかな?ともちょっとだけ思ったり。
「騙されるほうが悪い」って意見自体は多分本心だろうし。
まぁ二人で暮らすには少し過ぎた額だからその金額の時点でありえない可能性だった気もするけど。


そして「避」。
相変わらず湊さんと対等に付き合える大人組のこのやり取りがたまらない。
あとがきによると次は大人組メインとあるのでもう今から楽しみで仕方ない。
本当に楽しみで仕方ない。
大事な事なのでもう一度言うが楽しみで仕方ない


シリーズの感想一覧
http://otakouta.at.webry.info/201208/article_8.html(4巻)
http://otakouta.at.webry.info/201112/article_34.html(3巻)
http://otakouta.at.webry.info/201105/article_13.html(1巻)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック