GEARS of DRAGOON~迷宮のウロボロス~ 感想その5

気が付けば4章。

GEARS of DRAGOON~迷宮のウロボロス~
ninetail
2013-01-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GEARS of DRAGOON~迷宮のウロボロス~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


難度5のフリークエスト「女王蜂の王国」をクリアした俺には最早不可能はなかった!
と言わんばかりの快進撃・・・・というかあんまりフリークエスト増えないし、難度も最高が5のままだし。
そんなわけでちゃっちゃと物語を進めて現在4章。

シナリオの方は相変わらず「フィリアがなぁ・・・」とか、「ルーチェがなぁ・・・」とか。
でもまぁルーチェの方はキャラクターの多様性としてはこういうのもありなんじゃないかとは思います。
・・・・好きにはなれないけれど。
そしてフィリアは正直やっぱり厳しいけれど。
いやぁでしゃばり過ぎだろう?
「兄弟なのに!」
「無関係な人間は引っ込んでろ!」

まったくもってその通りです。

いやね、無関係だからすっこんでろっていうんじゃなくてね。
言葉とタイミングを選べよ、と。
剣を振りかぶって襲ってくる相手に兄弟だから仲良くしましょ?とかどんなお花畑脳だよ。
さすがに状況分かれよ?!とは思う。

クエスト「海に響く唄」でもそうだったけれど、言葉と思想だけで解決できない場面でそれだけを振りかざし、主張し、押し付けてくるこのキャラクターは正直ウザイやろ?

保守的な人間としてのエレンや、行き過ぎた正義を振りかざすルーチェは物語的にはありだと思うんだけれど、フィリアのこれはちょっと同列では語れないわ。
ストーリーの論調としてそれが一番通るってのもそうだし、周囲の評価という意味でもね。

保守のエレンや過剰正義のルーチェにも一応同じことが言えるけれど全てはケースバイケースだと思うんすよね。
そういう意味で一見すると一番まともで正しい事を言ってるから面と向かった反論というか、掣肘がしにくいのか、フィリアには「基本賛同するけどでもちょっとだけ違うよ?」ってスタンスが存在しなくて、「全面的にそれが正しい」って雰囲気になっていて、それがこのキャラクターに対する気持ち悪さになってるんですかね?
ルーチェには似た立場で少しだけ柔軟なジルがいるし、エレンの考えは基本的にみんな分かってて、でも時には冒険も必要じゃん?みたいなスタンスがあるからバランスは取れてるんだけど。
実は一番バッドエンド直通の展開を作る選択を取ろうとするのがフィリアに見えるのに。
上手くいくのはあくまで物語的なご都合主義に過ぎないのに。

で、ラディの方もそんな感じなんですよね。
なんというか心意気だけっていうか。
保証も勝算もない理想論というか。
一人熱血語られてもプレイヤー的に置いてけぼりな感じです。
なのに周囲は「やだっカッコいい!」みたいな。
「・・・えー?」ってな感じですよな。

時代や背景によって正義とは移り変わるもの。
それでも普遍的な正義ってのがないわけじゃなくて、多分ラディやフィリアのそれはそういう類いのものなんだけれど、それでも行き過ぎてしまえばやはりそれは歪になってしまうわけで。
歪な形というもの自体は自分はそこまで嫌いでもないし、物語の彩としてありではあるものの、歪であればこそそれを否定するものがいなければ、「それ」を全体が共有してしまえばそれはもう狂信的な集団なわけで、主人公達がそれになってしまうのはさすがに物語的に尖り過ぎでしょう。
んで、こういうのは「敵」に否定させちゃダメなんですよね。
そうじゃなくて一部を共有しつつも差異があってこそ、同じものを共有しながらもバランスが取れるからこそ集団として安定が図れるというか。

まぁ一言で言ってしまえば「ラディとフィリアがきめぇ!」になるんだけど。
なんかぶつくさとそれらしく理由を考察してみたの巻。


関連記事
http://otakouta.at.webry.info/201302/article_3.html(感想その4)
http://otakouta.at.webry.info/201302/article_1.html(感想その3)
http://otakouta.at.webry.info/201301/article_34.html(感想その2)
http://otakouta.at.webry.info/201301/article_32.html(感想その1)
http://otakouta.at.webry.info/201211/article_19.html(体験版感想)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック