魔界戦記ディスガイアD2 感想

バランスが変わったかな?

ディスガイア D2 (通常版) 予約特典 プロダクトコード付
日本一ソフトウェア
2013-03-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ディスガイア D2 (通常版) 予約特典 プロダクトコード付 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


初代の正統な続編「D2」をプレイ中です。
4も4で久しぶりに良い感じのキャラだったけれどやっぱりラハール様が率いる?この面子が一番好きだわ。
相変わらずフロンは良くも悪くもウザイしな!

戦闘システムは毎回色々と加わって行くのがこのシリーズだけれど、今回はなんか結構いっきにバランスが変わったのかも?
SRPG的にはこちらの方が面白いと思うし、逆に手軽に鍛えて無双をしたい場合には面倒くさいのかな。

とりあえず状態異常の価値が上がったというか、無視ができなくなった感じ。
通常攻撃で全状態異常付加とか状態異常付加率UPとか毒のダメージUPとか、モンスターのいくつかの種族の魔ビリティが状態異常になりやすい&異常強化系で、状態異常を無視して突っ込めないようなバランスになっているので少し鍛えた程度のキャラでは一人旅はさせられなくなっております。
いやぁ状態異常回復のエスポワールを序盤から・・・というか全体を通してもこんなに使ってるのシリーズ初めてだわ。

他にも特定の敵の攻撃を半減させたりとか、属性攻撃を半減させたりとかあるのでこまめに魔ビリティを確認しながらちゃんと相性を選んでユニットを使っていかないと、あまりレベル上げしていない場合は死にまくりになるし多少鍛えていてもひっくり返されかねないのでSRPG的には「火力押しが出来ない」というのは面白くもあり、面倒くさくもありですね。

他にはキャラ間に「好感度」が設定されて、それが「かばう」「連携攻撃」「支援攻撃」等の発動率に関わってきたり、さらにはモンスターと人の協力攻撃である「コラボ技」の威力に関わってきたりとそこそこ重要な要素になっている。
これ、エンディングにも関わってきそうな感じだし、拠点での会話も職業や性格とそこに好感度も絡んで変わってくるようなので退屈しないというかなんというか。

あとは戦闘中にもちょこちょこ小イベントが発生するようになったのも割りと大きな変更点かな。
特定キャラを隣接させたり、特定地点に移動させたりでまぁ一言二言ではあるものの会話イベントが発生するのでそのバリエーションを捜すのは中々に楽しいかもしれない。
今までだとアイテム界をやりこんで強化したキャラでイベント戦闘をこなすとジオエフェクトの効果の問題で「ただ面倒なだけのMAP」だったのが、まぁそんな感じで楽しませる工夫がされたというのは大きいです。


そうそう、4ではモンスターを武器化してそれを人型キャラに装備して発動させていた特殊技が今回はモンスターにおんぶしてもらって発動という「コラボ技」に変わっているわけだけれど、これは発動させる際のハードルが結構下がった印象。
一手間二手間の差でしかないんだろうけれど、その差が意外と繰り返しの上では大きいのですよね。

あとシステム的には「チート屋」なるものが初めて登場して、これは戦闘で得られる経験値やマナ、お金などのバランスを弄る事ができるというシステム。
要するに「お金こんなにあっても仕方ないのでもういらないから代わりに経験値を倍にする」とか出来るわけで。
後半飽和するお金とかの事を考えると、やり込み的には効率を上げられるんで良いシステムかと。
色々な「縛りプレイ」にも対応しておりますしな。


3話でようやくアイテム海(界ではない・・・が、あまり差はない)に突っ込めるようになったのでレベル上げつつアイテム拾ってアイテム強化しての無限に連鎖するやり込みの輪にこれよりめり込む所存であります。


ちなみに職業や種族の説明欄に色々と独自設定っちゅーかここでしか見られない語句が使われまくりなのは物語の本筋に絡まんのがちょっと物足りなかったり。
いやたまに過去シリーズの小ネタが入っていたりもするのでニヤリとはできますがね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

名無し
2013年10月26日 11:29
わたしもディスガイア大好きです。
最近、スマホでもディスガイアのソシャゲができたんですよ!
おもしろいのでよかったらやってみて下さい。アンドロイドしか対応してないけど…。

http://jacket.ggee.com/jacket/1.0.0/view/iv/rd.html?cd=s8g2vi

この記事へのトラックバック