ボールルームへようこそ

社交ダンス系少年マンガです。

ボールルームへようこそ(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
講談社
2012-05-17
竹内 友

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボールルームへようこそ(1) (講談社コミックス月刊マガジン) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「このマンガがすごい!」2012年度の少年漫画部門(?)でベスト10入りした?など色々なメディアで絶賛されており、今年最も注目されているという作品の一つです。


社交ダンスに誘われ、魅入られて、社交ダンスの世界に足を踏み入れ突き進む、そんな少年を主人公にした社交ダンス系少年漫画です。

何一つ誇れるものを持たず、将来のビジョンも持たず、どちらかといえばいじめられっこな影薄い少年・たたら。
そんなたたらがカツアゲにあっている現場にやってきて疾風の如く救い出し、社交ダンス教室に連れ込んだ社交ダンスのプロ選手・仙石。
そこで見せられた彼の踊りに魅入られたたたらが「彼のように踊りたい」という一心で努力根性熱血勝利で社交ダンス道を極めんと邁進する。
これはたぶんそんな作品です。

あ、可愛い女の子もでますよ?

主人公は自分に自信がないがゆえに謙虚で、馬鹿で愚直で、しかしダンスの技術の向上に対してはとても貪欲で。
貪欲だからこそ経験値は溜まるも馬鹿だから効率的なレベルアップに至らなくて、でも愚直だから腐らず、そしてある時ふと歯車がかみ合ってそれまでの経験値を一気に昇華させて一気にレベルををあげるような、そんなタイプの主人公なわけで、それが絵の迫力と相まって凄いクるんですよね。

それに初めは誰もがただ好きだったダンスというものに対して、長く続ける事で溜まっていく澱。
たたらの周りにいる経験豊かで実力も確かな、しかしそれぞれに「何か」を抱え始めた先輩達に対して、まだダンスに出会ったばかりで、ただ愛し、感謝し、上手くなりたいと願うたたらの純粋さが、彼らのその澱を吹き飛ばして行く。
そういう漫画でもあります。


個人的には「ダンス」というテーマの特殊性と、「スポーツ漫画」という熱血が入り混じりったがゆえの化学反応なのか情感がすさまじく、そしてヒロインがエロくてたまりません。
主人公も凄い応援したくなる奴ですし。

唯一の難点は刊行ペースが遅い事。
半年の1冊は・・・いy、遅くは無いんだけれど物足りないっつーね。


ボールルームへようこそ(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
講談社
2013-04-17
竹内 友

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボールルームへようこそ(4) (講談社コミックス月刊マガジン) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック