2013年4月の読書記録

後半止まった割には読んだかねー。
2013年4月の読書メーター
読んだ本の数:25冊
読んだページ数:6800ページ
ナイス数:72ナイス

VAMP on the DEADLINE (MF文庫J)VAMP on the DEADLINE (MF文庫J)感想
目次で各章のタイトルを見た時点で嫌な予感がひしひしとしていたんだが開始数ページでそれが確信に変わった。軽妙と言えば聞こえはいいが薄っぺら過ぎて話にならんわ。そもそも上下の関係を作るのならもう少し体裁くらいはどうにか取り繕ってくれ。
読了日:4月28日 著者:伊上円
彼と彼女の不都合な真実 (講談社ラノベ文庫)彼と彼女の不都合な真実 (講談社ラノベ文庫)感想
気持ちのよい物語でした。
読了日:4月27日 著者:南篠 豊
偽悪の王 Blade, Blaze and Sweet Ballade (MF文庫J)偽悪の王 Blade, Blaze and Sweet Ballade (MF文庫J)感想
色々と好みではあると思うのだが、これ一つでは評価に窮すというのも正直なところ。序章に過ぎないからかね。
読了日:4月26日 著者:二階堂紘嗣
ヴァルキリーワークス (GA文庫)ヴァルキリーワークス (GA文庫)感想
駄ルキリー可愛いよ駄ルキリー。でもそれだけかな。肉欲系男子も新しい気はするがさりとてそれが魅力と言うわけでもなく。
読了日:4月26日 著者:逢空 万太
魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス> (MF文庫J)
なんか色々混ざってるなぁ・・・的な。
読了日:4月24日 著者:
三原みつき
下ネタという概念が存在しない退屈な世界 3 (ガガガ文庫)下ネタという概念が存在しない退屈な世界 3 (ガガガ文庫)感想
「このライトノベルの表紙が酷い2013」大賞受賞作品。
読了日:4月21日 著者:赤城 大空
マグダラで眠れ (3) (電撃文庫)マグダラで眠れ (3) (電撃文庫)感想
クースラさん実はドSじゃなくてドMですか?(笑)
読了日:4月15日 著者:支倉凍砂
Fランクの暴君 (1) ―堕ちた天才の凱旋― (電撃文庫)Fランクの暴君 (1) ―堕ちた天才の凱旋― (電撃文庫)感想
デレエリカ様が見られるなら続きを買うよ?
読了日:4月13日 著者:御影瑛路
正義の味方の味方の味方 (2) (電撃文庫)正義の味方の味方の味方 (2) (電撃文庫)感想
「泣き沈む悪に救いあれ」というフレーズは良かったし、読み終わって振り返ってみると展開も結末も悪くは無いんだけれど、読んでいる間はどうにも乗りきれなかった。
読了日:4月12日 著者:哀川譲
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)感想
イクタとヤトリの関係が素敵。そしてマシューが好きだ!大好きだ!
読了日:4月12日 著者:宇野朴人
はたらく魔王さま! (8) (電撃文庫)はたらく魔王さま! (8) (電撃文庫)感想
え~と、物凄い水を差すような感想で申し訳ないんだけれど勇者の行動と意気込みが完璧に裏目に出たのが今回の一件のような・・・・・。
読了日:4月11日 著者:和ヶ原聡司
クロックワーク・プラネット1 (講談社ラノベ文庫)クロックワーク・プラネット1 (講談社ラノベ文庫)感想
イイ感じに爽快感があって読んでてテンション上がるわー。
読了日:4月11日 著者:榎宮 祐,暇奈 椿
ラブコメ圏外 (HJ文庫)ラブコメ圏外 (HJ文庫)感想
「伝説のオタ芸親子」「盛りのついた雌鳥」というセリフは何度読んでも吹くわ。完全に死角からの一撃でK.O.ですわ。
読了日:4月9日 著者:内堀優一
スクリューマン&フェアリーロリポップス2 (電撃文庫)スクリューマン&フェアリーロリポップス2 (電撃文庫)感想
何度読んでも卓巳の作った「疑似餌」の描写にはゾクゾクします。そろそろ3巻を読みたいゾ?
読了日:4月9日 著者:物草純平
スクリューマン&フェアリーロリポップス (電撃文庫)スクリューマン&フェアリーロリポップス (電撃文庫)感想
アニメ化してくれないかな?映えると思うんだが。
読了日:4月8日 著者:物草 純平
アリストテレスの幻想偽典  2.時空支配の歯車 (富士見ファンタジア文庫)アリストテレスの幻想偽典 2.時空支配の歯車 (富士見ファンタジア文庫)感想
もったい付け過ぎて燃えよりウザが先に立つわー。分かりきった結論出すのに掛ける時間が長過ぎるっての。
読了日:4月8日 著者:永菜 葉一
あまがみエメンタール (一迅社文庫 み 3-1)あまがみエメンタール (一迅社文庫 み 3-1)感想
期待には応えねばなるまい。ゆえにこう言おう。「どこがあまがみだっ!」
読了日:4月8日 著者:瑞智 士記
神様のお仕事 (講談社ラノベ文庫)神様のお仕事 (講談社ラノベ文庫)感想
地雷臭がするから手を出すまいとしているのに実は既に手遅れだったという・・・・。
読了日:4月8日 著者:
シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)感想
1巻の時も思ったけれど牧子の恋は叶ってほしくないなぁ。で、それはそれとして3巻はいつ出るのかな?
読了日:4月6日 著者:有川 浩
理想のヒモ生活 3 (ヒーロー文庫)理想のヒモ生活 3 (ヒーロー文庫)感想
相変わらずヒモと言えるかどうか怪しい生活な上にそこまで大きな問題も起きないわけだがこの作品に関してはそれでいい気も。お兄ちゃん大好きなファティマさん萌え~。
読了日:4月6日 著者:渡辺 恒彦
星界の戦旗V: 宿命の調べ (ハヤカワ文庫JA)星界の戦旗V: 宿命の調べ (ハヤカワ文庫JA)感想
第2部がちゃんと出るのなら、もっと言えばきっちりと完結してくれるならばこうして発売された事を喜ぼう。しかし、完結しないのであればこれほど憎らしい事は無いだろう。叶わぬ希望ってのは毒なんですよ?頼みますよ?
読了日:4月5日 著者:森岡 浩之
聖剣の姫と神盟騎士団I (角川スニーカー文庫)聖剣の姫と神盟騎士団I (角川スニーカー文庫)感想
主人公のキャラの憎めなさがいいですね。
読了日:4月4日 著者:杉原 智則
悪に堕ちたら美少女まみれで大勝利!! 3 (HJ文庫)悪に堕ちたら美少女まみれで大勝利!! 3 (HJ文庫)感想
さすがに今回のアレはゲス過ぎてこれまで野放しにしてたの擁護出来なくね?今回は事に到る前に助けられたけど話しぶりからして被害者絶対いるでしょ?
読了日:4月3日 著者:岡沢六十四
魔女の絶対道徳2 (ファミ通文庫)魔女の絶対道徳2 (ファミ通文庫)感想
あれ?これ、ここで終わるの?キャラを損なわずにイイ感じに輪月が微デレ始めたので次は知理のターンじゃないの?そんで最後は妹様の電撃参戦でしょ?
読了日:4月3日 著者:森田季節
召喚学園の魔術史学(マギストリ) (GA文庫)召喚学園の魔術史学(マギストリ) (GA文庫)感想
インディに憧れて鞭操作スキルMAXまで極めた主人公と人見知りで臆病なくせに友達が欲しくてたまらないチョロ探偵が召喚され続ける学園の秘密に迫る!ッてことで、キャラが良かったですね。
読了日:4月1日 著者:中谷 栄太

読書メーター

中旬から下旬にかけてほとんど本を読まずにゲームばっかりだった割にはそこそこの数読んでますかね。
そしてそのゲームの方はほとんどクリアせずに途中で放棄してるという。

さらに荷物整理の為に売ったり捨てたりしたことで広がる心の傷(笑)を癒すためにマンガ買いまくりという意味の分からない私生活の矛盾展開にいったいどうしたものやら。


先月読んだ新シリーズを振り返ってみると講談社の新人賞が2つとも高レベルな感じでこのレーベルの先々に期待を抱かせるような感じが・・・・。
「クロックワーク・プラネット」もめっちゃ良かったですしな。

他にはベテランの杉原氏の「聖剣の姫と神盟騎士団」がてっきり今月2巻が出るものだと思っていたのでちょっとガックリ。
まぁそれだけ面白かったということで。

シリーズ続編では電撃のアルデラミンがイイ感じに巻数を重ねていますね。
まぁ皇国の守護者的な感じでイクタマンセーにならないか少しだけ不安を感じないでもないんですが。

そういえば皇国の守護者が今度(既に?)文庫化するそうで。
そのまま続編が出たりしないものか。
あと挿絵が付かないものか。
挿絵が統一されて付くなら買わないでもないですぜ?
むしろマンガの続きだせという話も無きにしも非ずなわけですが。

もう一つの先月の電撃の期待作であった絶賛アニメ放映中な「はたらく魔王さま」は引きが引きなのですっきりはせず、続きに期待。
一気呵成のカタルシスを期待しますぞ?
そして今回の件で微デレ化した勇者をともなってもう一度笹塚で地に足の着いた日常編を再開するんだ!

逆に富士見は低空飛行待ったなし。
そこそこ良かったはずのアリストテレスが一気に急降下。
最早凋落に歯止めは利かず。
最後の望みの綱である「35実験小隊」までが落ちぶれない事を祈るばかりです。


先月の記録
http://otakouta.at.webry.info/201304/article_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック