俺のかーちゃんが17歳になった

設定オチ・・・では終わらないです。

俺のかーちゃんが17歳になった (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
2013-07-10
弘前龍

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 俺のかーちゃんが17歳になった (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「苦しいときに、我慢して笑ったって、身体に毒だよー。泣きたいときは、泣きなさい。逃げたいときは、逃げなさい。それでいいんだからねー」

入信すると17歳に若返って、そして永遠にその17歳の姿を保てるという17歳教。
ある日家に帰った主人公の前に姿を現した母親はそんな「17歳教」に入信し若返っていた!?

という事で出オチ感満載というか、少なくともあらすじからは物凄い吸引力と共に馬鹿話臭を漂わせていた本作ですが、序盤の展開に設定オチで「それだけ」の作品臭さを感じて期待値がダダ下がり状態だったものの、中盤辺りから持ち直してなんかイイ話で幕を閉じました。

なんだかんだで割りと満足出来る一品であったのではないかと思います。

物語の核となるのは「何故17歳教に入信し、17歳になったのか?」

17歳教に入信し、17歳の姿になるのはメリットだけではなく、寿命が半分になってしまうというリスクも抱えています。
そこまでして17歳の姿になる意義というところに焦点が当てられます。

作中ではまず17歳教に入信し、永遠の17歳の姿を手に入れたその他大勢の人たちの声が登場します。
・17歳の若さをアピールして、諦めかけていた意中の男性と結ばれました
・17歳になったことで、主人が再び情熱的に愛してくれるようになりました
・17歳という武器を活かして、泥沼の三角関係に決着を着け、今はラブラブに!
そのほとんどが色恋沙汰からの入信です。

主人公の母親は女手一つで主人公と現在ヒキコモリの妹のここまで育ててきた存在。
そんな母親が自らの寿命を削ってまで永遠の17歳の姿を手にいれた真意。
17歳教に自らの家族を壊され、17歳教を憎むクラスメートの少女。
そして新たに17歳教に入信する主人公のもう1人の家族と、その真意。

17歳教を憎むクラスメートの少女に主人公と主人公の家族が見せる姿と彼女が感じた想い、そしてそんな彼女も含めた「家族」の雰囲気はとても暖かいものです。
もちろん、作中で表に出ていないだけで問題はいくらでも存在すると思いますが、そういうのを気にしなければ読後感も良く、ほっこり出来る「イイ話」な物語だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック