2013年11月の読書記録

久しぶりに1日1冊ペース。


2013年11月の読書メーター
読んだ本の数:33冊
読んだページ数:10905ページ
ナイス数:73ナイス
http://book.akahoshitakuya.com/u/28431/matome?invite_id=28431

■皇国の守護者〈4〉壙穴の城塞 (C・NOVELSファンタジア)
誰も彼も護りたいと願うものを持っている。それでも他者と己の認識できる世界が異なる以上誰かにとっての非道を己が為してもそこに気づかない。気づけない。だからこそ人は争う。憎み合う。世界はどこまでも不平等で無情で、だからこそ楽しい。
読了日:11月30日 著者:佐藤大輔
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33739368

■皇国の守護者〈3〉灰になっても (C・NOVELSファンタジア)
再読。定期的に読み返したくなる。文庫版はそのまま続きが出るなら全巻まとめて買う。
読了日:11月29日 著者:佐藤大輔
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33703017

■うちの居候が世界を掌握している! 2 (GA文庫)
「どういうジャンルの作品だと認識して読むか」によって評価が分かれる作品かな?自分はまだちょっと割りきりができてなくて引っかかる部分がちょこちょこと。主人公が中学生とか、なんちゃってインテリ会話とか、衛星無双とか。でも荒唐無稽な作品と割り切れれば良作認定は出来そう。
読了日:11月27日 著者:七条剛
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33663638

■エスケヱプ・スピヰド 伍 (電撃文庫)
激!熱!
読了日:11月26日 著者:九岡望
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33640718

■ハイスクールD×D9 修学旅行はパンデモニウム (富士見ファンタジア文庫)
超スイッチ姫って・・・。次は超スイッチ姫2ですか?
読了日:11月25日 著者:石踏一榮
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33623079

■人生 第6章 (ガガガ文庫)
赤松、テメェはリア充だ。俺は、お前を、許さない!(とある非リア充の妬みの声)
読了日:11月25日 著者:川岸殴魚
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33618237

■ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです (MF文庫J)
童w貞w受w胎wwww
読了日:11月24日 著者:榎宮祐
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33600178

■ハイスクールD×D8 アクマのおしごと (富士見ファンタジア文庫)
浅いとか薄いとか色々と思うところはあるのだけれど一番の不満はイッセーのエロスの上っ面加減か。もっとエロスにこだわりをくれ。
読了日:11月23日 著者:石踏一榮
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33568380

■欠陥妖怪住宅 (徳間文庫)
いつものはむばねか・・・・・。
読了日:11月23日 著者:はむばね
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33565206

■黄昏色の詠使いVI そしてシャオの福音来たり (富士見ファンタジア文庫)
日常コメディ+次章の始まり。日常コメディをこれで終わりにするにはキャラ的に惜しいんだけどな。で、ポエムは?
読了日:11月23日 著者:細音啓
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33560014

■オーバーロード4 蜥蜴人の勇者たち
く、悔しいっ!トカゲに萌えるなんて!(ビクンビクン)
読了日:11月22日 著者:丸山くがね
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33544746

■妖怪青春白書 ―雪雄くんと薫子さん― (電撃文庫)
事後から始まる物語。スターシステム大いに結構。もっと色んなキャラを出してくれてもええんやで?
読了日:11月22日 著者:沖田雅
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33539014

■やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫)
ちょっ!川なんとかさんのフラグが順調に育ってるんですけどぉ!?
読了日:11月21日 著者:渡航,ぽんかん8
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33523432

■全ての歌を夢見る子供たち―黄昏色の詠使い〈5〉 (富士見ファンタジア文庫)
眠り姫の目を覚ますのはいつだって王子様のキスってことですね。
読了日:11月20日 著者:細音啓
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33499478

■踊る世界、イヴの調律―黄昏色の詠使い〈4〉 (富士見ファンタジア文庫)
ネイトが一つ試練を乗り越え男になる話。
読了日:11月19日 著者:細音啓
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33482081

■アマデウスの詩、謳え敗者の王―黄昏色の詠使い〈3〉 (富士見ファンタジア文庫)
「ねえ、ネイト」「――おやすみのキス、して」(>▽<)きゃー♪.(>▽<)きゃー♪.(>▽<)きゃー♪. ←落ち着け
読了日:11月19日 著者:細音啓
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33479945

■奏でる少女の道行きは―黄昏色の詠使い〈2〉 (富士見ファンタジア文庫)
一巻同様、心理描写が丁寧で情感たっぷり。名詠がまたそれを引き立てる。素敵!
読了日:11月18日 著者:細音啓
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33457215

■イヴは夜明けに微笑んで―黄昏色の詠使い (富士見ファンタジア文庫)
再読。やっぱこれ好きやわ。
読了日:11月18日 著者:細音啓
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33455125

■グランクレスト戦記 1 虹の魔女シルーカ (富士見ファンタジア文庫)
鼻っ柱の強い小娘が王の器を持つ青年にメロメロになっていく物語。こ、これが作家歴四半世紀を迎えた大ベテランの本気かッ!!?
読了日:11月16日 著者:水野良
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33403982

■グラウスタンディア皇国物語1 (HJ文庫)
登場するたびに大体何かを食べていてしかも毎回その擬音が違うリュリュに妙に和まされました。
読了日:11月15日 著者:内堀優一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33381875

■オーバーロード3 鮮血の戦乙女
「システム」上の不利を現実化した世界で「経験」が凌駕する。っかーーっ!燃えるね!
読了日:11月13日 著者:丸山くがね
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33340153

■オーバーロード2 漆黒の戦士
いくつもの可能性と衝撃のラストに次が楽しみです。
読了日:11月12日 著者:丸山くがね
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33318864

■ログ・ホライズン5 アキバの街の日曜日
webの最新話を読むと苛められっ子な濡羽さんが読めます。ゾクゾクですよ?
読了日:11月10日 著者:橙乃ままれ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33281000

■オーバーロード1 不死者の王
序盤の設定垂れ流しは割としんどいが中盤からはすらすら読めた。が、ここまでで評価と言うのはし辛い。とりあえず期待を込めて2巻は買ってみる。
読了日:11月10日 著者:丸山くがね
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33271058

■ログ・ホライズン4 ゲームの終わり(下)
読了日:11月7日 著者:橙乃ままれ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047275433

■ログ・ホライズン3 ゲームの終わり(上)
読了日:11月6日 著者:橙乃ままれ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047274135

■ログ・ホライズン2 キャメロットの騎士たち
遠征からの帰り道、初めてこの世界で口にした「食べ物」とこれこそが冒険だという感じのあのワクワク感が素敵。
読了日:11月5日 著者:橙乃ままれ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33173487

■ログ・ホライズン1 異世界のはじまり
実は希少なシロエの純粋な戦闘描写が見られる1巻です。
読了日:11月5日 著者:橙乃ままれ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33157686

■彼と彼女の不都合な真実2 (講談社ラノベ文庫)
質に文句をつける気はなく、満足もしたけれど、でも思うのはこの作品はどこへ向かって行くのだろうか?というお話。非現実的なチートキャラ達による非日常的な日常系?
読了日:11月4日 著者:南篠豊
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33128255

■パナティーア異譚1 英雄のパンドラ (ファミ通文庫)
あんま盛り上がらんままに終わった印象。
読了日:11月4日 著者:竹岡葉月
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33123471

■問題児たちが異世界から来るそうですよ? 暴虐の三頭龍 (角川スニーカー文庫)
痺れるッ!
読了日:11月3日 著者:竜ノ湖太郎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33102175

■問題児たちが異世界から来るそうですよ? YES! 箱庭の日常ですっ! (角川スニーカー文庫)
てっきり出し惜しんでるのかと思ってたけど書けてないのね。まぁ頑張ってください。これはこれで十分に面白いので満足ですし。期待して待ってます。
読了日:11月2日 著者:竜ノ湖太郎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33076420

■火の国、風の国物語13 英傑雄途 (富士見ファンタジア文庫)
続編マダー?とりあえず子供はシオーネが最初にゲットで競争は無効になる気がします。
読了日:11月1日 著者:師走トオル
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33045742


文字数制限に引っかかったので画像なしの簡易版。
そこそこ読んだ月は20000文字の制限がやや疎ましい。

ちなみに1日1冊ペースとはいえ、新刊は半分あるかないかで残りは再読。
なので積読は増える一方。

個人的に先月1番の収穫は「オーバーロード」と出会えた事かな。
ラノベに比べると高いけど金を出した価値はあった。
・・・・まぁラノベと比べて割高感はありますけど。

はむばねはなんというかいつも惜しいんですよね。
シリアスパートの底が浅いというかなんというか、シリアス(笑)な感じ。
いっそない方がまだマシなんじゃ?っていう。
そこさえ改善されりゃなぁ。

今月はログホラやオーバーロードの新刊も出るし、クロックワークプラネットも新刊出るし、イチオシ作家である物草純平のミス・ファーブルの蟲ノ荒園の2巻も出るし、はたらく魔王さまも恐らく今の流れは大詰めだし、まぁ毎月の事とはいえ、楽しみは尽きない。
そんな中で注目作なのがSDから出る「後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール」
自分の中で注目度上昇中の作家「石川博品」の作品です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック