ひきこもりパンデモニウム2

だったらひもパン属性にしろやッ!(え?

ひきこもりパンデモニウム2 (MF文庫J)
KADOKAWA/メディアファクトリー
2014-01-23
壱日千次

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ひきこもりパンデモニウム2 (MF文庫J) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「デニールが・・・・・かぶってるんだよ!!」

「ひきこもりパンデモニウム」略して「ひもパン」。
黒スト属性なのにひもパンとはこれいかに。

いや、これいかにじゃねーよって話ですが。

でも、「だったらひもパン属性でもいいじゃん」とか思うわけですが、その場合ただのハレンチラノベになる気はします。

ベルゼバブさんのチア姿の挿絵がない絶望


相変わらずの頭おかしいキャラ率や明後日の方向にしか話が進まない掛け合いは竹井10日を髣髴とさせる作風ですね。
竹井10日の裏中2設定の代わりがこの人の場合「周囲の無理解が生みだす社会との壁」みたいなところにある気がしたのですが今回はそういったシリアス要素は薄め。
最後の急展開も蛇足にならない程度にあっさりと収拾つけつつ、この人らしく色々と台無しなオチで終わるという。

ヒロインは意外とキャラが立っていたし、掛け合いも面白かったですし、またシリアス要素もコメディパートを邪魔しない程度に抑えていたので2巻であっさりと幕を下ろしてしまったのは残念です。
シリアスがコメディのスパイスでありながら、コメディがシリアスのスパイスにもなりうる絶妙な匙加減が魔改造されずにこの人独自の良さを残したままの次作に出会える事を祈っています。

・・・まぁ、コメディだけ見ても個人的にはかなり好きな部類に入るのでそれでもいいんですけどね。


1巻の感想はこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック