0能者ミナト(7)

安定の面白さ。

0能者ミナト(7) (メディアワークス文庫)
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-01-25
葉山透

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 0能者ミナト(7) (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「おい、どうせストーカーするならガキどもについて行け」

第1話の「七」は過去編。
前回が理彩子との出会い編だったのに対して今回は孝元編。
ただし出会いは省かれる。

学生時代(?)に遭遇した7人ミサキのお話。

相変わらずの発想には唸る事請け合い。
7人ミサキの7日周期で49日で成仏とか。
こういうの毎回作者がネタを考えてるんですかね?

退治方法としての生態系破壊策は湊さんの相変わらずの発想とそれを実行に移す孝元さんの果断さの勝利か。
酒を飲む量が増える辺りに湊さんの人間味が透けて見えて微笑ましくもあります。

そして何よりこの事件の前に遭ったと思われる事件が気になるところ。
理彩子との間に何があったのか・・・。
いずれ語られるとは思うものの待ち遠しいというか待ちきれない気分です。


第2話の「化」は一匹の狸の物悲しい恩返しのお話。

邪険にしても懐かれる湊さんの姿が微笑ましい。
っつーか最近、湊さんが萌えキャラ化してませんかね?
自分の中ではそんな感じですが。

その真相は切ないの一言に尽きるわけですが毛玉は可愛いですね。
可愛いが故に切なくもあるわけですが。
そしてその混じりけのない純粋さとでも言うんでしょうか。
これは子供と動物が最強です。


そして閑話「占」。

やはり大人組が3人揃った時の面白さは頭一つ飛びぬけます。
ネタキャラ化一直線の理彩子に再びヒロイン級の活躍の場はやってくるのか!?

乞うご期待です。


シリーズの感想一覧
1 3 4 5 6

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック