黒鋼の魔紋修復士8

色恋に狂う。

黒鋼の魔紋修復士8 (ファミ通文庫)
エンターブレイン
嬉野秋彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黒鋼の魔紋修復士8 (ファミ通文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「あいつを馬鹿にしていいのはおれだけなんだよ」

そんなわけで余所の国の神巫が亡命してきてあれこれ起きるの巻。

物語が大きく動く前に我らが愛すべき・・・・ヴァレリア嬢の成長が描かれる8巻でした。
大ポカもやらかしてくれましたけど、あれは半分くらいディーさんのミスですよね。
取り扱いを間違えればヴァレリアがポカするのは端から分かっていたのにその方針を選んでしまったこと、それが招いたヴァの人のポカだった気がします。

それはヴァレリアを遠ざけるための、自らが嫌われるための方策なのでしょうけれど、「それ」を選ぶのがどういった心理からなのか。

誰が一番恋に狂っているのかな?って事で。

個人的にはカリンさんが明後日の方向に進んでいるので残念です。


物語的にはなんか予想外の人が再登場しそうで。
正直、忘却の彼方の人でした。

我が心のヒロイン・オルヴィエトさんが醸す不穏な空気はリヒテルナッハの宿命なのか。
ディーの過去の真相もきっと何か関わってるんだろうなぁ。
どう絡んでくるんでしょうねぇ。

大国が何かを隠していると言うのなら、それに抗する者の目的とは何か。
王子の腹黒さがパネェ感じだったので味方なら頼もしいけど敵に回るときっつい事になりそうで怖いところです。
まぁベッチーナの事もあるし敵に回らんでもらいたいもんですが。

そんなわけで次回の短編集も期待であります。


シリーズの感想
1 2 3 4
5 6 7

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック