真剣で私に恋しなさい!A-3感想(燕アフター)

例によってまずは燕アフター。


真剣で私に恋しなさい!A-3



とりあえず思うのは待たせすぎや!って事ですよね。

そもそものAシリーズのコンセプトは「短期で低価格で少人数でコンスタントに」だったと思うんですけど1作出すのに半年はさすがにないわー。
待たされすぎで、この値段で、このボリュームで。
さすがにちょっとマジ恋熱が冷めてくるっつー話です。
まぁこうしてプレイすればまた再加熱されるんですけどねー。

せめて4ヶ月スパンで年3本は出して欲しいところで、つまり今年中には終わらせてね?っつーね。


では本編のお話。

Sにて燕先輩ルートは主導権をどちらが握るかでエンディングが別扱いだったのでこのA-3でもシナリオが2パターン用意されています。

主導権を握られるルートでは燕先輩とイチャイチャしつつもメインは松永家の両親のヨリを戻すお手伝いに奔走する話。
直江家の両親も登場でイイ役してます。
ただ肝心の久信があんまりパッとしないせいでなんか消化不良というかモヤっと感が・・・・。
基本的には憎めない「イイ人」ではあるんですけど、男を見せて惚れ直させろ!的な話なのに結果が雑なのがね。
そこまで持って行くための応援や協力が久信の人徳と言えれば良かったんでしょうけど、燕の為に大和が動いた結果という側面が強いのでそれも無理があるかなという。
ちなみにミサゴ(燕母)さんと大和の(!?)お風呂&浮気(笑)シーンも完備です。

個人的には燕先輩の囁きボイスとか発売されたら思わず買ってしまいそうなレベルで燕先輩の声ってイイですよね!っていう。
脳髄が痺れるような妖しい魅力のある声で、それが主導権を握られるルートだと存分に堪能できるのが売りですかね。

一方で主導権を握るルートではミサゴさんの出番はラストのラストのみで平和にひたすらいちゃつきつつ、自らを高める為に周囲との交流増し増しというルート。
但し、色々なキャラが登場して細かいイベントは頻発するものの、基本的にそれらすべてが単発&突発なのが評価の分かれるところか。

個人的にはもう少し全体の流れとしてのストーリーみたいなのもあると嬉しかったです。
そしてこちらのルートでは真なるドSであるあのお方に大和が躾けられる展開が用意されております。


まぁアフターであることと、同じアフターでも九鬼家に婿入りするという環境激変の紋様アフターと比べれば変化も少ないせいでそもそもの期待値が低かったこともあり、評価としては「こんなものかな」というレベルですかね。


シリーズの感想
真剣で私に恋しなさい!S
A-1 沙也佳 あずみ 弁慶
A-2 紋様アフター アイエス 清楚

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ひおp
2014年03月14日 14:34
燕の後日談は、エロが足りなくて正直ガッカリしました・・・。
おたおた
2014年03月17日 07:44
>ひおpさん
コメントどうもです。

僕はエロシーン・・・というよりもボリュームそのものに対して「予想通りに期待外れ」な感じでガッカリですかね~。
でも母ネタだけじゃこれ以上水増しなんて出来ないし、もう一個くらい話の軸にできる要素を何かしら突っ込んでくれればボリュームUPでエロシーンも・・・なんて事も出来たかもしれませんけど初め(Aシリーズ構想の最初期の時点)から考慮の余地すらなかったような印象です。

というかそもそもの戦犯はSですよ!S!
あれで変にあれこれIFな歴史なんて作るから一つ一つがこじんまりとしちゃったんですよ!・・・・・たぶん。

この記事へのトラックバック