キッチンぶたぶた

今回のぶたぶたさんは洋食屋さん。

キッチンぶたぶた (光文社文庫)
光文社
2010-12-09
矢崎 存美

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キッチンぶたぶた (光文社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「あの・・・・ご主人は、よく誘拐されるんですか?」
「誘拐っていうか・・・・よく連れてはいかれるんです」


自分の初ぶたぶたさんが短編集で立場色々だったもので多少の誤解があったのか、ぶたぶたさんシリーズはある程度パラレル的な展開なんですかね?
とりあえず今回のぶたぶたさんは洋食屋さんの店主兼料理長です。

奥さんと娘二人なのは前回読んだ短編集と同じですから世界観は繋がっているのか、でも他の職業のバージョンも出てるみたいなのでパラレル的な話なのか良く分かりませんね。


とはいえ、今回もぶたぶたさんとの邂逅でのそれぞれの驚きや反応を楽しみつつ、ぶたぶたさんに癒されるのは相変わらず。
どれもとても面白かったけれど特に「印象深かった」のは「鼻が臭い」かな。
ぶたぶたさんとの邂逅が主役の人生を良い方向に進めたのは確かなんだけど、その良い方向に進むための土壌みたいなものが奥さんにより育まれており、それをしっかりと実感する最後の一言になんか凄いズドンと打ち抜かれた気分だった。

ただ、一番「面白かった」のはと聞かれると「初めてのバイト」と答えざるを得ない。
今までぶたぶたさんに出くわした事を端に発する反応が面白い作品という印象だったんですけど、この「初めてのバイト」ではむしろぶたぶたさんが登場しないからこその面白さというか。
ぶたぶたさんを語る周囲と、ぶたぶたさんを知らない若葉の温度差と困惑とが面白かった。
確かに傍で聞いてると正体が不明すぎるし訳が分からないww
いちいち若葉の内心のツッコミも的確でしたしね。



関連作品
ぶたぶたさん



P.S.自分がぶたぶたさんシリーズのこれとこの前のとを買ったとき、Kindleb版だとポイントが30%分も付いてたんだけど今他のも買おうとしたらポイントが付かなくなってやがります。あの時もうちょっとまとめて買っておけば良かったorz

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック