英雄伝説 閃の軌跡II  プレイ日記その3

第一部②終了まで。

英雄伝説 閃の軌跡II (通常版)
日本ファルコム
2014-09-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 英雄伝説 閃の軌跡II (通常版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



足湯に入ってるフィーがヤバ過ぎるwww
角度によっては上着に全裸状態やん
わざわざ足を組ませてる辺りこれ確信犯だろ(笑)

そしてノルドへ出発。
当然の如くお留守番はマキアス&トヴァルという話。

2では外れたメンバーのアクセサリーやクォーツが自動で外される仕様がなくなった模様。
そのせいで探知のクォーツが・・・・orz
ノルド高原でこそ効果が発揮されるクォーツなのに(泣)

クレア大尉、戦闘終了時の仕種がやたらお嬢様チックですよね。
髪を払う仕種や腰に手を当てるポーズ、さらに笑うときの手とか。
「私が私のまま私らしく」とか言う発言含みで見るとなんかいいとこの令嬢っぽい?


ノルドの3人目はミリアムでした。
大尉選んで大正解ですね。
まぁトヴァルが選ばれる世界線なんてそもそも存在しないんですけど。

それとアリサ&ミリアムの再会シーンを見る感じ、前作最後の離脱時の画面越しの会話がこの二人の分も有効になってるみたいで、この辺りが変更・・・というよりも追加点という感じなのでしょうか。


○霊窟攻略の度にリィンがドライケルス大帝の過去を見ているわけですが、ユミルでお母さんが「この地にいる間はあなたは私の息子」みたいな発言してるんですよね。
そしてユミルは王家と縁の深い土地。
男爵はリィンを拾ってから社交界から姿を消した。
んー?これってもしかして?
そう思わせるだけの材料は揃っているような・・・・?


そしてシャロンさんキタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!
アリサあるところにシャロンありと考えればこれは当然の帰結か。
でも燃えたぜよ。

んでシャロンさんの「自分はもう後戻りできない」的な発言。
これは結社抜けフラグですよね?
アリサがシャロンを呑み込む器を見せても良いんだけど個人的には次以降のシリーズの主人公に期待したいような・・・・。
シャロンさんみたいなキャラが年下男にデレデレになるのとか大好きなので!
大好きなので!
まぁシャロンさんみたいなキャラが年上の包容力抜群男性に見も心も委ねる的展開もそれはそれで大好きですが!
大好きですが!
にっこり微笑む上品なその仮面の下にいったいどんな苛烈な激情を秘めているのか。
ずいずいと無遠慮に心の奥底まで踏み込んで全てを顕わにしてやりたいぜ、ゲヘへ(ゲス顔)


さらにアリサに幼馴染属性キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!

アリサの絆イベントその1にて。
まぁ幼馴染は言いすぎですが、これ完全に過去に出会ってたフラグじゃないですかー。


戦闘に関して。
よほど戦闘が下手糞でなければこの辺りまで来ると常にSクラorオーバーライズorバーストが放てる状態になってるのでまぁ苦戦とかは無いですね。
もちろん雑魚戦に限った話ですし、雑魚戦にしても油断して通常攻撃で押そうとするとちょくちょくミスが出てイラッてのはありますが。

そしてクレア大尉とシャロンさんが鬼強い。
クレア大尉のパーフェクトオーダーといい、シャロンさんの2回攻撃クラフトや全体50%回復&状態以上回復とか便利すぎやろ。
っつーかこうも年上姉さんが仲間になるとマキアスとリンク組ませて弄りたくなるという。
ヤツが年上女性に弱いのは確定的に明らかだしな。
「お見事です」とか褒められてしどろもどろになるところが見たいぜ。
でも組ません!


見つけた隠しクエストとレシピ

・ユミル饅頭
休息日にユミル雑貨屋のおばさんに話しかける
・風霊窟攻略
クエストではないものの攻略する事でAP+3

・ポテトコロッケ
ゼンダー門食堂のおっさん
・ホットミルクティー
ラクリマ湖畔のノルド集落、ジェダ婆様
・オニオンスープ
休息日にユミル雑貨屋で「俺の料理・スープ」を購入

APはトータル28で当然の如く評価はA。
どこで逃したのかまるでわからんわー。

っつかシャロンさんなのに料理失敗とかあるんですな。
まぁ本人「失敗」じゃなくて「悪戯」って言ってますけど。


結論としてノルドで探知は忘れずに!ってことで。


プレイ日記その1 その2

前作のプレイ日記
その1 その2 その3 その4
その5 その6 その7 番外

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック