アルドノア・ゼロ 3巻

6話、7話の3巻です。



6,7話はみんな大好きフェミーアンおばさんの駆る三面六臂のカタフラクト・ヘラスとの戦闘がメインとなります。
個人的にフェミーアンは死んだなんて描写がないので命からが生き延びた末に記憶喪失になって助けてくれた地球人と恋仲になってたりすると良いなぁとか思わないでもない。
それなんてヴィレッタさんですか?ってお話でしょうか。
でも顔面半分火傷で記憶喪失と相まって弱弱しくなってるおばさんとか萌えるんですけどッ!
ダメですか?!そうですか!?残念です!!(自己完結)

でも種子島は無人だって言ってたからそもそも助けてくれる人なんていないっていう。
本州から逃げ延びた犯罪者による肉奴隷展開でリョナですか!
そういうのはちょっと守備範囲外だわー。


ちなみに初回版には・・・かどうか分かりませんが特典として(?)書き下ろし小説が。
伊奈帆くんとユキ姉が新芦原市で暮らす始める事となった契機や、暮らし始めの頃のお話です。
韻子ちゃんの出番もあるよ!

二人は戦災孤児で、養護施設で暮らしていたものの伊奈帆の頭のよさと感情表現の薄さからくるいじめの発展とそれに対する伊奈帆の報復が原因となって伊奈帆8歳、ユキ13歳にして二人暮らしを始める事となった模様。
養護施設出身というのを中途半端なページを開いた結果まず知った事で義理の姉キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!とか勘違いして興奮したのはここだけのお話です。(注:実姉です)

そしてこの小説でも中途半端にユキ姉とフラグを立てるが戦争の役には立たないと評判の鞠戸大尉。
うぜぇぇぇぇぇぇぇぇ!
そもそもさぁ、こいつさぁ、本編でさぁ、「久々のホームグラウンドだ。戦闘に参加してもいいだろう?(ニヤリ)」(←後半のセリフは適当)とか言ってただけど、ぶっちゃけ職務放棄じゃね?
しかもカタフラクト乗ってそっこうPTSD発動で身動きできずとかwwww
そしてデューカリオンを目の前にした面々の前に肩を借りてやってきてドヤ顔解説。
職務放棄して、カタフラクト1機ゆりかごにして、足りない人手を無駄に借りてドヤ顔解説!
パネェ!マジでパネェぜ!鞠戸大尉!

デューカリオン突撃でフェミーアンおばさん潰した後の砲撃も結局ライエだし。
ニヤリじゃねーよ!お前結局何もしてねーよwwww
ドヤ顔で解説する以外本気で何もしてねwwwwwww

そしてこの巻での大尉の回想だとヒュームレイさんと思しき人を搭乗口っつーんですかね?
半分以上引き上げてるんですけど、これ記憶改ざんじゃね?

さらに言えば「火星人も地球人も実戦経験者は一人もいねぇ。みんな童貞さ(ニヤリ)」って言ってたけど伊奈帆きゅん既に火星騎士を二人潰してるんですけど、これは十分すぎるほどに実戦経験者と言って良いんじゃないでしょうかね?
相対した騎士の数でも同数だし、戦闘回数では上回ってると思うんですが?っていう。



まぁそんな感じで大尉のネタキャラっぷりはマジで凄いですよね。
これほど突っ込まれる為にこそいるようなキャラ、見たことないよ!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック