情けは人の為ならず

色んなお客さん。



最近のお話。

おっさん客「煙草、○番のやつ」
俺「こちらでよろしいですか?」
おっさん客「違う、6」
俺「こちらカートンになりますがよろしいですか?」
おっさん客「1つ」
俺「こちらをお一つですね?」
おっさん客「そうじゃなくて6ミリのヤツだよ!(半ギレ)」
俺「失礼致しました。こちらお一つですね(じゃあ最初から銘柄で言えよ)」
おっさん客「ったく煙草一つで手間とらせんなよ」
俺「申し訳ありませんでした(ウゼェ)」


またあるときの話。

俺「レジ袋、ご利用になりますか?」
爺客「見りゃわかんだろいらねーよ」
と言いつつポケットから袋を取り出す客。
俺「失礼致しました(いやわかんねーだろ)」


そしてまたあるときの話。

俺「お会計○○円になります。」
アベック男「サービスターイム」
と言いつつおもむろにアベック女のズボンをずり下げる。
アベック女「ちょっとなにすんの(笑)」
さらにズボンを下げるアベック男。
アベック女「ちょっと!(半ギレ)」
気にせず下げる男
アベック女「オイフザケンナボケ!(完ギレ)」
そのまま痴話喧嘩発生
俺「(はよ金払ってや)」


さらにまたあるときの話。

俺「お支払い方法はいかが致しますか?」
カード客1「1回だよ、いちいち聞かなくてもわかんだろうが!」
俺「お支払い方法は1回でよろしいですか?」
カード客2「よくねーよ、リボだよ。ちゃんと聞けよ!」
俺「お支払い方法はいかが致しますか?」
カード客3「1回に決まってんでしょ、見てわかんない?」
俺「失礼致しました(どないせえっちゅーねん)」


そしてさらにあるときの話。

俺「レジ袋はご利用になりますか?」
イヤホン客「え?」
「レジ袋はご利用になりますか?」
イヤホン客「え?」
「レジ袋はご利用になりますか?」
イヤホン客「あぁ・・・。いらない」
俺「かしこまりました(聞こえないならイヤホン外せや)」


そしてまたさらにあるときの話。

俺「お会計○○円になります」
おっさん客「おう」
俺「あ、失礼致しました。こちらの商品を打ち忘れていました。お会計変わりまして○○になります」
おっさん客「あ?値段上がったじゃねーか」
俺「はい、こちらの商品をレジに通し忘れていたのでその分です」
おっさん客「おい、俺は常連だぞ!失礼だろうが!」
俺「申し訳ありません(失礼?何が?)」
おっさん「フザケンナ!そんなミスがあるはずないだろうが!」
俺「申し訳ありません。不注意でした(いや、「あるはずがない」て・・・)」
おっさん客「責任者呼べ!責任者!お前みたいなのは辞めさせてやる」
俺「かしこまりました。今お呼びします(ウゼェ)」
数十分後
責任者「ドンマイ☆」



「お客様は神様」って格言。
あれウザイわな。
実際には接客をしない上の人間がそれを口にするのとか殺意湧くわ。


上に挙げた例はまぁ一例なんですが、やたら自己中心的な思考の客とか割といるんですよな。
いや、上のが全部そういう事例ってわけでもないですけど。

別にお前の考え方が一般的で常識的で誰もが同じようにそう考えるわけじゃないからこっちは確認とっているのに「当然の事をいちいち確認すんな」とか。
いや、「お前にとっての当然が誰にとっても当然ってわけじゃありませんので!残念!」みたいな。

目くじら立てて怒るほどの事でもないけど1日に何件も続くとうんざりはするわな。
別にコミュニケーションが取りたいわけじゃなくて必要最低限のことのみ確認してるんだから素直に答えるなり、聞かれる前に言ってくれりゃこっちだってさっさと次の客次の客って捌いていくのに、うだうだ文句言って無駄に時間使うの、あれなんなんだろね。

こういう事言うと「機械みたいなものなんだから」とかいう意見も聞くんだけど、「じゃあお前通販で年齢確認とか注文内容の確認とかが毎回あるけど、それに対していちいち文句言っていちいちクレームつけるわけ?」っていうね。


実際には「機械」だなんて思ってないんだよね。
「お客様は神様」っていう「上下関係」が根っこにあるのがありありでマジウザイわ。


それに比べて「ありがとう」の一言をくれるお客様の癒し率は半端ないね。
ちょっとくらいならサービスしてやりたくなるもの。






しないけどな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック