ランス9-ヘルマン革命- 総括

今更感ありあり

ランス9 ヘルマン革命
アリスソフト
2014-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ランス9 ヘルマン革命 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



しょうがないじゃない!
クリアしたの最近なんだから!

とか逆ギレてみる。


そんなわけで総括。


シナリオ

楽しいのか楽しくないのか微妙なところ。
というのも敵が小者なんだもの!
カタルシスも何もあったもんじゃない。
敵が唯一ランス陣営を上回る「数」すらわざわざ敵が勝手に減らしてくれる始末でまさに自滅の一言に尽きる。

さんざもったいぶった闘将バステトなんてブチ切れヒューバートが怒りで覚醒してあっさり倒すし。
盛り上がりもクソもねぇ。
ミネバはミネバで反乱起こすタイミングが意味分からん。
「皇帝にまで上り詰めた!」ってアホじゃねーの。
そんなの理も利もない超絶自己満足だよ。
所詮は猿山の大将で野心を抱くにゃ器が小さすぎるってわけですか?っつー話。

結局、質で負けてるヘルマン軍の中で数少ない無法者に個で匹敵できる存在が完全に小出しで協調なんて欠片もないから物語に緊迫感が一つたりとてないんだよね。
まさしく「負けるべくして負ける」シナリオ。
打倒なんかじゃない。
これはただの自滅。


ヒロインルートも何これ?
わざわざルートを分ける必要あった?
ねーだろ。
普通に正史ルートの流れの中でイベントとして挟めばいじゃん。
「こんなもの」の為にわざわざ周回するとかアホらしいわ。
2周目の追加イベ含めてわざわざ周回させるために制限かけてるだけにしか見えないわ


あとまぁ、感覚的にはランスが持ち上げられすぎかなーっと。
もうちょっとランスというアクの強いキャラに対しては色々な反応があるべきというか。
なんだかんだで積極的・消極的の差異はあってもみんなランスのイエスマンっぽい印象なんだよね。
これは公式で「もう1人の主人公」とまで持ち上げられているパットンのせいかも。
なんかランスの太鼓持ち・・・とまでは言わんが半ば信者臭いっつーか。
個人的にはヒューバートとかの方がまだ主人公には向いてた気すらしてる。


そして何よりエンディングの「じゃあ今日からは民主主義でな!」っていうアレ。
なんかそれは違うんじゃね?
帝政から民主政へと移行するなら民衆の手による打倒があるべきだと思うんだけどね。
一部の市民が手を貸してはいたものの大多数の民衆は虐げられる現状に耐えるだけという以前に登場するしていない。
「民意」などというものはどこにも描かれていないのに「この国は民の下に」っていうその放り投げ感。
いくら日本と世界の多くの国が現状民主制でやっているとはいえ民主主義は民主主義だというだけで持て囃されるものでもべきでもないと思うんだけど。
仮にもファンタジーな世界観なんだし帝政のまんま行った方がまだマシだったと思う。


システム

これは歴代ランスシリーズ(6以降)で最悪だったわ。
正直面白いと言える要素が見当たらん。

育成は作業、勝利条件で縛っただけの面倒くさい戦闘は頭使う必要性も皆無のヌル仕様。
殴って殴ってゲージ溜まったら必殺。
これだけ。
おかげで戦闘が全く面白くない。
その上、敵の数だけは無駄に多いからやたら時間は掛かるわかったるいわ。

ランスシリーズの世界観の才能限界とかも死に設定かよ?っつーのな。

シナリオもシステムも微妙なもんだから周回モチベどころか1周目のクリアすら相当時間掛かったし。


それ以外だとマグナムの次の作品だっただけに一度見たイベントを見直すことが出来ないのが意外としんどかった。
しんどいというか不便っつーかね。


ランスモード

かなみさんは物凄いチョロイン・・・というよりも安い女になってるというか。
ネットにハメ撮り系の動画が晒される類の女の典型というか。
いや、ハメ撮り系とかそれ以前にそもそもリアル系は興味の対象外なので知らんけどさ。
なんかそういうイメージ?
そもそも今回やられてたけどね、ハメ撮り。
そしてそれが原因になった国家戦争まで(笑)
THE・ダメ女っつーか、バカ女っつーか、正直萌えよりも哀れみの方が強いというか。
だってランスの本命って結局シィルだろ?


魔想さんちの志津香さんは、ランス自体が年齢考えるとかなり「イタイ」と言える類いのキャラなのに、志津香さんまで「イタイ」女になってませんかねぇ?という。
ある意味お似合いか?
まぁ面倒くさい女は嫌いじゃないんだけど。


チルディはランスと調教ってのがそもそも似合わないという。
あくまで個人的なイメージですが調教ってのは冷徹な計算とか心理的な駆け引きとかそういうのが出来てこそだと思うわけで、ランスみたいな基本行き当たりばったりで自分の欲求に素直すぎるようなキャラがやっても「なんだかなー」なのですよね。
おかげでどうにもこうにも段階ごとの変遷に違和感ばかりが。
安っぽい寝取られ作品の墜ちの過程がすっ飛びすぎてる時のあんな印象でちょっと微妙。
チルディの負けん気自体は良いんですけどね。
ちなみにチルディだけはランスが傍にいることで悪影響が出ているというか、高みに行くために邪魔になっているというか。


戦姫は良くわからん。
そもそも戦国で愛情まで進んでる前提なのだとしたらデレてはいなくとも今回のランスモードにおいては異端の立ち位置とも言える訳ですが、愛情表現というのは千差万別であってこそ個性であり魅力だと思うわけで、つまり「今まで通りでええやん」という。
プレイ内容も半分以上ごっこ遊びみたいなもんだし・・・・。
まぁ他者と比べて特異な部分を「別にええやん(意訳:セックス出来ればどうでもいい)」で済ますランスと言うのは物凄く「らしい」のですけどかなりやっつけで最後に辻褄合わせてきたなーっつー感じですかね。
ぶっちゃけその辺りはランスモード自体が全く寄与してない部分なので「なんだかなー」って感じになるわけなんですけど。
その辺りもあってなんか「人気あったから出してみました」的な感じがするんすよねー。
懐妊で槍を置くって辺り、なんかこれでこのキャラはもうこのシリーズの出番終わりね?っていう後始末に見えなくもないんだけど、「運命の女」認定あるし違うのかなぁ。

ちなみに運命の女は多分「12」だと思うの。
ミラクルエンドでトゥエルヴナイトに対抗してか「12女」とか言ってたし。
でも人数がなぁ。
今、シィル・志津香・かなみ・チルディ・戦姫・ミラクル・シーラの7人だとしてあと5人。
謙信・マジック・リア・シーラ・パステル辺りか?
でも魔人化の話もあるけどリズナとか、まんま魔人でサテラとか、コパンドンとか探せばもっと人気候補はいるんだよなぁ。

それとエンディングでなんで正宗殺したし。


ピグはランスのお供としては面白いキャラですね。
ランスのノリに付いていける希少なヒロインというか。
うん、楽しそうで何よりです。
でもランスと同調してるのとちょっと特殊な体質のせいで鈴女を彷彿とさせるというか。
次で死なね?
10開始時点で「既に逝ってます」とか止めてよ?


ミラクルさんはピカイチですね。
むしろ一人勝ちというか。
強がりというか見栄っ張りというか、そういう類いの何かが天晴れと言う他ないところまで強化されていてランスとのやり取りが楽しいのなんのって。
専用ルートもなんか凄いランスらしさというか、出てますよね。


そして本命とも言えるシーラ。
序盤はどうにも悲壮感が先に立って楽しめなかったんですが数を増すごとに図太さが見えてくるというか、大物っぷりというか、意外な芯の強さというか。
まぁ、悪くはないようで、でもやっぱりなんだかなー、と。
だってデレた理由が全くわかんないですからね。
そこが小骨が喉に突き刺さったような違和感というか不満として残ってしまって・・・・。
そこもうちょい丁寧ならなんか良いキャラだったのになぁ、と。


まとめ

エロゲー全体から見た相対評価なら悪くない。
でもランスシリーズとしてみると間違いなく落第点。

っつーかアリスはもうSLGとか作れないのかもね。
大帝国辺りからこっち、SLGのコレジャナイ感が酷い。

エウもソフトハウスキャラもそうだし、エロゲに「ゲーム」を期待できるブランドってないのかねー。
っつーかシステムなんて昔のヤツを引っ張り出してきてちょっと諸々に調整入れたりするだけで今でも十分「傑作」クラスのものがあるだろうに。
自分達でやらないならせめてそのシステムを同人とかに売ってくれ。
宝の持ち腐れだよ。


プレイ日記その1 その2 その3

その他のランスシリーズの感想
ランス・クエスト
ランス・クエスト・マグナムその1 その2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック