今更と言えば今更

時機を逸している感が無きにしも非ず。

キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2014-01-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


アニメは基本的に毎クール網羅できてないので漏れが多々あったりするわけで。
そんなチェック漏れ作品の一つであるキルラキルを今更になって見てみたり。

今までビジュアルでちょっと敬遠してたけど見てみるとこれ、面白いっすね。(小並感)

流子ちゃん、ガサツで男勝りな感じの女の子なのに普通に羞恥心はあって、毎回なんかしら照れてて声優の演技もあってめっちゃ可愛いのな。
物語自体も世界観とかイロモノな割りに緩急ある見せ方で飽きさせないし面白いし勢いあるし、何より流子ちゃん可愛いし。
それでいて生徒会長と直下の四天王の支配する学園に転校生が反逆とか割と燃えの王道も押さえてますし、流子ちゃん可愛いし(しつこい)

ちなみにまだ2巻までです。
レンタル族はもどかしいぜ。


DMMのブラウザゲーのガールズユニオンを最近始めました。

御城プロジェクトとか俺タワーとかかんぱに☆ガールズとかラストサマナーとか、まぁ去年の夏~秋にかけての新作ラッシュやそれ以降の作品なんかよりも自分、これの方が好きっぽいですわ。

アイギスのタワーディフェンスゲームに対抗して、タワーオフェンスゲームとでも自分としては呼びたいところですが実際のとこは何てジャンルになるんですかね?

敵拠点に攻め込んだり、自分の領地の収入増加と防衛の為の施設を作って発展させたり、まぁそんな感じ。

まぁ内政関係でグランドハーレムなんかと同じようにめっちゃ時間掛かるせいで敷居が高いというか、時短アイテムの為の課金ゲー臭い部分はありますけど。
施設のレベルアップとか兵士の補充でアホみたいに時間掛かるし、そのせいで収支のバランス悪いですし、長時間は遊べないですし。

でもアイギスと同じでプレイヤー自身のスキルがあれば課金せずとも遊びつくせるだけ良心的と言えば良心的ですかね。
ガチャもデイリークエやウィークリークエの報酬でチケットがちょこちょこ手に入りますので気長にやってりゃ無課金でも全キャラ揃える事は出来そうですし。

ちなみに18禁なのでエロシーンも完備。
らぶらぶと凌辱の2種類でらぶらぶはレベルを上げると見られる代わりに陵辱はイベントやストーリーを進めないと見られない・・・・っぽい。
なので既に終了してるイベントの報酬だったキャラの凌辱エロは見られない・・・・のかね?


アイギスの第3回大討伐ミッションクリア。

しかし過去2回と比べて喜びは薄め。
というのも今までと違い、今回はやや難易度が高くなかなか討伐数470まで行かなかった、つまり敵を出し切る事すら出来なかったのでちょっと動画を参考にしようとしたら銀以下で500達成してる猛者がいてそれ参考にしたら2,3回の試行錯誤で余裕のクリアだったので。
苦労していない分達成感は低し。

ゴールドラッシュは全コンプ完了。
全コンプは初めてなのでちょっとだけ感無量。
結局20パリンくらいだったかな?
報酬が男キャラだとあんまり苦労しない印象ありますよな。
ちなみに一番苦労したのは最初のサンタ。

色々と育成したいキャラがいるけどプラバケツと白聖霊が圧倒的に足りなくて、逆に金と黒の聖霊はかなり余ってる。
せっかくのドロップ率upなので明日は全力でパリンしてプラバケツ集めまくって金と黒の聖霊だけでもなくすかなぁ。


結構前からだけれどhontoのサービスが低下の一途を辿っている。
発送可能日がかなりあてにならなくて遅配は多いし、同じ「24時間以内での発送」の実情を見ても前日夜に注文したものが翌日の昼には届いていたのが最近じゃ夜になるのとかザラだし、遅配にまで至らない場合でも遅くなっている。
おまけに自分の中で唯一の利点であるポイントとその増量キャンペーンも電子書籍版を優遇して書籍版がかなり減ってきた。
これきっと電子書籍版の方に移行して行きたいんだろうね。
なんとなく人手足りてなさそうだし、そっちの方が人件費とかかからなそうな気もするし、会社としても都合が良いのだろう。
まぁhontoの電子書籍なんてkindleと比べて利便性に難があるから使う気全くないけれど。

そろそろポイントを使い切りそうだからそうしたらhontoはもう使うの止めるかねぇ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック