ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (1) ―スクワッド・ジャム―

女は怖い(確信)

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (1) ―スクワッド・ジャム― (電撃文庫)
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-12-10
時雨沢 恵一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (1) ―スクワッド・ジャム― (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「だって、僕・・・・絶対に死にたくないので」

作者を替えてSAOのスピンオフ。

原作であるSAOは世界観は好きだけどキャラがどうもダメだったので5,6巻辺りで挫折したんだけど「アリソン」等自分の好きな作品をいくつも世に送り出している時雨沢恵一がSAO内の一ゲーム「GGO」を舞台にした作品を描くというのでまぁ遅ればせながら購入&読破。

元々の世界観は良かっただけに作者が、キャラが変わればこんなにも楽しめるんだな、という感じです。


で、まぁそんな気に入った本編の無いようですが、

うん、女は怖い(確信)

内気で人見知りな高身長がコンプレックス少女にせっかく萌えてたのに気が付いたら銃とナイフを手にヒャッハーする危険人物になってたでござる。

うん、女は怖い(確信)

口絵のピトさんの姿が麗しすぎて興奮してたのに中身が危険人物過ぎて、しかもヘタレ(・・・と言えるのだろうか)な熊という相方がいるので歯軋りして悔しがるけどやっぱり中身が真性なので

うん、女は(以下略

というか最後の決戦がレアなはずの女キャラ同士とか。
シノンとかピトとか上位の割合とプレイヤー人口の割合とか考え出すと・・・・

うん、(以下略


今後、このGGOの世界でどんなイベントを起こすのかとか、他の世界でのほかの作家によるスピンオフとかもあるのかとか、まぁ色々と楽しみではあるわけですが、本家との絡みはこのくらいの塩梅でお願いしたいですな。
正直本家は好きじゃないもんであんま出てこられても萎えますしな。


作者の作品感想一覧
シリーズの感想
メグとセロン
一つの大陸の物語 <上>  <下>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック