魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>8

三種の神器争奪戦開幕!

魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>8 (MF文庫J)
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-02-24
三原みつき

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>8 (MF文庫J) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「これがチームワーク・・・」
「こんなの初めてだわ・・・・尋常じゃない仲良しグループ感を感じる・・・・」


とりあえずもうちょっとこの作品はページ数増し増しでお願いします。
バトルパートもイチャコラハーレムパートも質は高いんだけどページ数の制限が微妙にネックになってると思うんだよね。
十分やれてるとも思うけどページ数増やせばそれだけクオリティが上がりそうな気もします。


今回は日本と大和、真の王を決めるための富士の樹海を舞台にした三種の神器争奪戦。

大きく分けて戦線は二つ。
魔境探索から移香斎&ロキの手勢戦、そしてロシアの王との戦いへと続く一樹チームと、北欧騎士団戦から梁山泊乱入へと続く輝夜先輩チーム。
どちらも緊迫感と、戦況がめまぐるしく変わっていくスピード感があって手に汗握る展開でした。

大乱戦というのかな。
どんどん強者が乱入してくる一方で虎視眈々と獲物を定めて狙う者もいたりというこの展開はかなり燃えるものありますよねぇ。

ロシアの王との対戦で一樹が覚醒の兆しを見せたのもポイントですね。
仲間を守る為にこそ進化を見せるというのが一樹らしくと実に良いです。

イチャコラパートは龍瀧姉妹丼編をメインにしつつも小雪が前半の特訓編でかなりアウアウな事してます。
他、龍瀧姉妹に引っ張られてか同じ探索チームに入った琥珀&華玲もTHE☆チームワークでなんだか良く分からん事に。
そしてベアトリクスちゃんは一樹のいないところで昂ぶっておられます(笑)

次回が一つの山場で長く続いた内乱編の決着かな?
正直、王としての器とかの問題で移香斎は役者不足な感が無きにしも非ずですけど、小者の執念というのも一対一で対峙する分にはなかなかに侮れないものがありますかね。
決着に相応しき大舞台での熱き戦いを期待しております。


シリーズの感想
      

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック