見習い神官レベル1 -だけど、この手を離さずに-

婚活王に、俺はなる!

見習い神官レベル1 -だけど、この手を離さずに- (ファミ通文庫)
KADOKAWA/エンターブレイン
佐々原 史緒

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 見習い神官レベル1 -だけど、この手を離さずに- (ファミ通文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「さあ、婚活よ!これからかの大陸は大婚姻時代を迎えるのよ!」

世はなべて婚活時代。
世界の全ては結婚にある。
婚活王に、俺は、なる!!

もしくは

愛は世界を救う。
ラブ!アンド!ピィィーース!!

結論として正しいのはどっちだ?!

とか多分そんな認識で良いと思う。
いや、リベカ好きだったのに死んで終わっちゃったし、そのくせ結論がこれだし、多少投げやりでも良いと思うの。


そもそも表紙で美味しいポジションの割りにリベカの扱いっつーか最期がなんか薄味だし、口絵のセレフィヤとか強キャラ臭の割りにお前影薄いねん!って感じだし、結局全てスィーリーンが持ってた感じだし、もうちょっとなんとか出来なかったかなぁとか思わないでもない。

この作品で良かったのは主にスィーリーンの愛嫁っぷりと先輩のカッコよさですよね。
いやぁ、先輩はマジ味のあるキャラで良かったわ。
シリアス入ると佐々原作品の男主人公って途端にヘタレ入るっつーか、基本的にもヘタレっつーか、あんまスカッとする行動取るタイプじゃないのよね。
今回の主人公のオカン属性も日常風景では光っていたものの結局シリアス入ると目立たなかったし、やっぱこの人は女の子書いてた方が活き活きとしたキャラ描けて良いと思うわ。


というか、最後のあのティエルの発言。
間違いなく自分が狙う宣言ですよね。
電子書籍のみ販売の短編集がアフターなら迷う事無く買うんだけどそういう感じじゃないのよねー。
なんでもそうだけど、完結したシリーズのアフター短編集って絶対需要あると思うんだけどなぁ。
なんであんまないんやろ?


シリーズの感想一覧
1.でも最凶の嫁がいる
2.放課後は朝まで砂漠で
3.亡き姫君のための狂想曲

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック