「打ち切り」といふもの

ただの戯言ですな。

暴風ガールズファイト (ファミ通文庫)
エンターブレイン
佐々原 史緒

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 暴風ガールズファイト (ファミ通文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


打ち切り作品というのがまぁ世の中には多々あるわけですね。
漫画にせよライトノベルにせよ、なんにせよ。
でもそれらの作品には続きを望む一定数のファンが存在するし、作者さんだって書き続けたいという想いがある・・・・こともあるわけです。

まぁ商業作品ですから売れてナンボで売れなきゃあらゆる形で負債を抱えることになるわけで資本主義的にどうのこうのとか、頭良さげな小難しい言葉であれこれと語れるほどの学のないわたくしとしましてもやはり「売れなきゃ続けられん!」というのはまぁ分かります。

でもそれって要するに「企業」としてのどうたらこうたらでああだこうだでぺちゃくちゃとした・・・・つまり読者的には知ったこっちゃねえのよ!の一言に尽きるわけですわな。

で、ですよ。
今の世の中「電子書籍」なんちゅー割と便利なものがあってですね、かつてと比べて「自費出版」というものに対する手間と必要経費って多分結構ハードルが下がってるんじゃないかな?とか思うわけですよ。


無論作者さんにも生活はありますから金にならないものに時間を費やすメリットなんて欠片もありませんけど、でも本当にメリットは無いのかな?と。
だってファンは少なからずいるわけじゃないですか。
自費出版なら当然関わる人間が少ない分売り上げに対する取り分は増える・・・・というかほぼ総取り、その分値段だって下げられるから敷居も下がるし、仮にラノベの平均600円の半分の300円で売って、ついでに絵師さん続投してもらっていくらか払うにしても、5千部売れれば150万の売り上げでその内の何割が懐に入るのよ?っていうね。
副収入としては十分過ぎるほどに十分な額ですよね。
しかもそれで打ち切り後の展開の評判が良くて「じゃあ出版社から出して打ち切り前の分も買うか」となりゃ万々歳だし、そうやって人気を博してメディアミックスとくりゃガッポガポですよ?

いや、絵に描いた餅だというのは分かってますけどね。
分かってますけど「打ち切ってそれまで」なら可能性は0ですがそうやって続ければ0じゃないという。
年一ペースとか、それ以下だってファン的には嬉しいし、副収入としてもそれでも十分やん?


だからさ。
出そうよ!
そんな感じでさ。
作者に出す気がある作品だけでもいいんだって。
それは読者にとっても一つの新しい目安になるんだし。

権利?勝手に見切って打ち切り判断下した出版社がぐだぐだ言うなよ。
打ち切ったら権利放棄とか、最悪出版分だけの保持とかで世界観やシリーズそのものにまで手を伸ばそうとするなよ。
打ち切ったんだから。
てめぇが捨てたモンをどうしようが勝手だろうが。


などとまぁ打ち切り作品を読み返してたら怒りが湧いてきたので勢い込んで書いてみた。
そういう選択あってもいいと思うんだけどなぁ。
kindleとか100円くらいで素人さんが売ってるやん。

だって読みたいやん。
読みたいんよ。
打ち切りとか勘弁ですよ。
そう思いません?


暴風ガールズファイト、銀の河のガーディアン、物理の先生にあやまれっ、スチームヘブンフリークス、悪に墜ちたら美少女まみれで大勝利、夢魔さっちゃんお邪魔します、ガリレオの魔法陣、塔京ソウルウィザーズ、ある朝、ヒーローの妹ができまして、スクリューマン&フェアリーロリポップス、かくて夜明けの神殺し、ユアマイヒーロー、はるかかなたの年代記etcetc

続きが読みたかった作品はいっぱいあります。
まだまだいっぱいあるんです。
そのうちのどれが打ち切りでどれが作者が投げたとかそんな事はしらんけどでも、
とにかく、俺は、読みたいんじゃーーー!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック