グランブルーファンタジー II

1巻よりもイイ感じ。

グランブルーファンタジー II (ファミ通文庫)
KADOKAWA/エンターブレイン
はせがわみやび

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グランブルーファンタジー II (ファミ通文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「わあ!この卵、とってもきれいな紫色をしてますね!」

初っ端からいきなりカタリナのメシテロ(真)&ルリアの暴食魔人っぷりに爆笑。
そしてジータちゃんも友情出演。
他グランサイファーの構造や内装なんかの描写もありゲームのノベライズとして中々に痒い所に手が届き始めている印象。

また、最後にマリー主役の短編があったのも嬉しいところ。
読者の声に応えたという事ですからきっと今後も誰かしらを主役にした短編は付くのでしょう。
楽しみですね。

でもシリアスな場面で「ラカム」が何故か「カラム」になってた誤字はマジ勘弁な。
え?誰?→あ、ラカムの事か→誤字?それとも挑発的意味合いの意図的な呼び間違い?みたいなしばらく頭の中をクエスチョンマークが乱舞しましたがな。

あとグラン君のゲーム的特性としてあらゆる武器を装備でき属性が変化し剣に格闘に魔法に銃にとなんでもござれなのに今回最後まで火属性の剣で苦戦というのはやや残念。
まぁラストのイオのサポートは今後の伏線になっているのかもしれませんが、属性変更は欲しかったねぇ。

そして欲を言えば作者の独断と偏見に満ちた選択で構わないので本編での仲間加入イベ&レギュラー化が欲しいところ。
まぁあまり増やしても全員を上手く転がすのが難しいというのも分かるんだけれど何も常に全員で行動しているわけでもないだろうからそこは出番はちょこちょこで構わないんでどうか一つ。

それと普段のグランサイファーでの何気ない日常のイベントとかもやっぱ欲しいよねぇ。


ま、ともあれ1巻と比べるとこの2巻は先々に期待が持てる内容だったので3巻も喜んで買わせていただきます。

ちなみにシリアルのキャラチケはバロワさんでした。


1巻の感想はコチラ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック