剣魔剣奏剣聖剣舞

「――でも、ホントにむかつくし」

剣魔剣奏剣聖剣舞 (MF文庫J)
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-25
嬉野 秋彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 剣魔剣奏剣聖剣舞 (MF文庫J) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


神より与えられし不壊の“神剣"とそれを駆る“剣聖"が祖国の威信をかけて戦う戦乱の時代。ラドガヴィガ王国から神剣を強奪した一匹狼の剣聖・リューインは美少女揃いの剣聖集団“絶華十剣"のひとり、ソーロッドの追撃を受ける。ソーロッドを軽くあしらって行方をくらました彼が逃げ込んだのは、王国と敵対するゼゼルク大公国の前線基地。盗んだ神剣をエサに大公国軍の食客となったリューインは、メガネっ娘書記官キリリクを引き連れ、ソーロッドがいる王国軍の要塞へ向かうが……? 殺人、傷害、窃盗、脱獄、公然猥褻、覗きにセクハラ、あっちこっちでやりたい放題! ? 最強剣聖が世界を弄ぶ前代未聞の邪道戦記ファンタジー、堂々開幕!

最強主人公がやりたい放題!と書くとweb小説を彷彿とさせますよね。
実際、たぶん昨今の流行としてのそれを取り入れた結果がそこにある気もする一方で、それらとは一線を画す作風はベテランの腕ってやつですかね。

主人公は飄々とした振る舞いの中に時折覗かせる怒りの感情が無軌道で傍若無人なようでいて一本筋の通った芯の存在を感じさせてくれるので個人的には好印象だったかな。
まぁシリーズ化前提で伏せ札ばかりなので表面的にはいろいろとアレな感じの主人公ですけど。

一方のヒロインは・・・これ、語尾といい、「伸び代あるけど現状はそこそこ優秀止まり」って感じのスキルといい、それを主人公にメッタメタに叩かれてる辺り、ファミ通文庫の「黒鋼の魔紋修復士」のヒロインであるヴァレリアを髣髴とさせる・・・・というかもうそのまんまですよね。
おかげで初期のヴァレリア同様に意気軒昂だけどその勢い先行感に微妙にイラっと感もなくはなかったり、かなぁ。


作者の作品の感想
黒鋼の魔紋修復士          10

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック