シャチになりましたオルカナティブ

シャチ転生

シャチになりましたオルカナティブ (角川スニーカー文庫)
KADOKAWA
2016-10-01
にゃお

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シャチになりましたオルカナティブ (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この生物、規格外。

「ほら、私、16で死んじゃった訳じゃない?幸せな未来を手に入れるためにもね、見た目や身体って、大切な要素でしょ?」「はいさ! 了解!」天使のお姉さんの元気な返事に期待して、転生したら……シャチでした。

びたん、びたん。……なんでよ!?

体重3トン、海洋最強のシャチボディで異世界(地上)に放り出された元・女子高生のオル子は、人に戻りたい想いとは裏腹に、最強パワーで敵を薙ぎ倒しちゃってレベルアップ! 道中に出会ったウィッチのエルザ、キッズ・デモンのミュラとともに、次期魔王争いに巻き込まれてしまい……!?
目指せ、人化の秘宝『翡翠の涙結晶』! ハイテンション・オルタナティブコメディ!


女子高生の人外異世界転生モノと聞いてまず思い浮かぶのは「蜘蛛ですが、何か?」なわけですが、それになぞらえるならこの作品は「シャチですが、何か?」なのかと言うとこれが違う。
じゃあ何かと言えば「アホですが、何か?」これに尽きる。
意味が通らないようで、でも読んだ人には概ねニュアンスは伝わると思う。
大体そんな感じ。

あちらが蜘蛛子ちゃんのサバイバルから壮大にスケールアップしていく物語なのに対してこちらは一貫しています。
オル子、アホ一直線です。

美少女になって恋愛したくて異世界転生したのにチートスペックなシャチ(のような魔物)に転生してしまったオル子がひたすら人化の法を求める物語です。

このオル子がホントにアホで、もうアホで、他に言いようのないアホなんですな。
でもそのアホは人を不快にするアホじゃなくて「しょうがない奴め」と苦笑交じりに手を貸してやりたくなるアホで、「このアホが!」とど突きながら支えてやりたくなるアホで、「アホー、アホー」とからかいながら一緒にいたくなるアホなのです。


仲間たちと一緒にオル子のアホ子っぷりをひたすら愛でる作品ですな。
続きが待ちきれずにウェブ版に手を出しちゃいましたけど、こっちはこっちでifルートというか大筋はともかくいろいろと設定が変わってて一粒で二度美味しい感じも無きにしも非ずでなおよいですね。

というかこの作品の作者「魔人勇者サトゥン」の人じゃないですかー!
サトゥンの3巻は出ないんですかー!?


作者の他作品の感想。
魔人勇者(自称)サトゥン  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック