無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 18

書籍化のお手本

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 18 (MFブックス)
KADOKAWA
2018-05-25
理不尽な孫の手

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 18 (MFブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


時々書き下ろしなんかも入れつつ、原作に必要以上に手を加えず、コンスタントに刊行し続けてくれるという、まさに書籍化のお手本のような作品ですね。
そういった点でもなろうの総合一位は優等生ですか。

正直、見習って欲しい作品が次から次へと思い浮かびます(笑)


今回は物語的には大きな動きはなく、キーポイントはルード傭兵団設立くらい。
ただ大きな変化はなくとも地道な研鑽で地力を上げつつ、人脈や組織を作って数の力を手に入れたり、目的や目標に向けて着実な前進が見えるので停滞感はありません。


また、そのルード傭兵団設立に関しても、反りの合わないリニアを切り捨てようとするアイシャに対して諭すルディの姿に相変わらずの魅力を感じます。
自らの始まりがダメ人間だった転生前にあるからこそ他者に対する寛容さを持つルディ。
転生して成功したからこそ、そういった過去を忘れてもおかしくないだろうに、今も変わらずにその視点を持ち続けている所にこそルディの魅力があると思いますね。

さらさら信用のない下半身に関しても、なんだかんだで奥さん3人以外からの誘惑は耐え切っている辺り、特にリニア・プルセナはともかく、冒頭のアンジェなんて一夜限りの無責任な火遊びが出来なくもないだけになんだかんだで自制心ありますよね。


そして書き下ろしはジュリのお話。
家族みたいな関係が実に良いな、とまぁそれに尽きますか。
そこからこう繋げるかぁというザノバ帰国で次巻はシーローンでの戦争編という事で。



シリーズの感想
       8

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック