0能者ミナト<11>

ぴゃあああああぁぁぁっ!

0能者ミナト<11> (メディアワークス文庫)
KADOKAWA
2018-01-25
葉山 透

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 0能者ミナト<11> (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


理沙子の不本意なお見合い?ああ、最後に湊さんがぶち壊しにしてくれるのかな?って思ったら、次のシーンでもう行動に移していて、さすがです湊さん!
やり方といいそれでこそ俺達の湊さんだぜ!って感じだったんですが予想以上にお見合い相手が強力だったので二人の絆を誤解して「それでも僕は諦めませんよ(キリッ)」ってなると良いなぁと思ったのに九尾の相棒という言葉に「あれ?」と思ったらもうその通りで幻滅ですよ。
何このクソつまんねー小者な悪役。


それでも閑話の「ぴゃぁぁぁぁ!」には大爆笑でした。
しかしこれ、沙耶の方のこの反応はどうだろ?実際に湊と理沙子がそういう関係になったら素直に祝福できるのか?
いや、湊という人物を理解してるから孝元と同じ反応を返してもおかしくないといえばおかしくないんだけど、それだけじゃないような感じもなくはないような・・・気もしないでもない?
むしろ仄かな初恋未満の感情と敬愛する二人への祝福の感情との板ばさみで裡に溜め込んで怪異に唆されて悪堕ちしそうじゃね?

そもそも指輪を「湊が返す」ってのもなんか違和感覚えるんだけどどうだろ?
孝元をこうしてからかうためとしてもさすがに額がでかいような・・・・。
それこそちょっとしたロマンスに近い感情があったりするのかしら?


もう一個の方は続くのかと思ったらこれはこれでもう完結してるみたいなんだけど時系列的にはどうなんだろ?
実は「嘘」の方が後って事は・・・ないか?「もう手術して終わった」って扱いなのかね?
「空怪」含めて広げられそうだけど、そのうち今回の「狐」みたいにもう一度拾う日が来るのかね?


今回微妙に理沙子推しな感じがあったから、次回はその7年前の怪異の捜査が入ってくるかねぇ。


シリーズの感想
   
   8

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック