殿と仮名目録の追加案件

書籍化もした加賀100万石の作者の新作

加賀100万石に仕えることになった (カドカワBOOKS)
KADOKAWA/角川書店
2015-10-10
シムCM

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 加賀100万石に仕えることになった (カドカワBOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


殿と仮名目録の追加案件

戦国時代に生まれ変わったけど、殺し合いが嫌で寺に逃げ込んだ。
足軽徴兵回避と思いきや、その寺の住職に気に入られ、偉い武士の子供と一緒に、勉強させられる事になった。
ブルジョワのご学友とか勝ち組じゃないか!?と喜んでいたら、このご学友がサボリ魔のバカ殿で、オレはそのフォロー役を押し付けられただけだった!?

十年後。腐れ縁という奴はどうしようもなく。
オレは坊主 十英 承豊(とえい しょうほう)となり、バカ殿こと今川 氏真(いまがわ うじざね)の為に、戦国時代を走り回ることになる。

スタートラインは桶狭間後!!敵は、戦国最強の武田騎馬隊に、天下人の徳川家康だ!?



あらすじがいつか読んだ事のある作品に似てるな、すわパクリか!とよくよく見てみたら同じ作者の新シリーズだったでござるの巻。

結構好きだったんだけど最後まで書籍化してくれなくて残念に思ってそのまま自分の中でフェードアウトした作家さんだったんだけど新たに歴史モノを書き始めたということでチェック!


桶狭間後の今川に仕える事になる太原雪斎の弟子という設定がなかなかに胸熱。
文章も相変わらず軽妙で、お殿様との関係は前作よりもマブダチ感あって好きかな。

前回の内政モノに対して今回は外交メインでいくとのことで楽しみです。


加賀100万石の感想はこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック