世知辛異世界転生記

チートはありません(ないとは言っていない)

世知辛異世界転生記
TOブックス
2018-09-10
池崎数也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


書籍化というのは埋もれていた・・・・というか、自分が知らなかった作品に手を出す良い契機になるものだと思いました、まる。

と言う事で書籍化作品の中から見つけた面白そうな作品が割りと面白かったのでお勧め。
書籍化もしてるよ!(わかっとるわい)



ありふれた異世界転生からのチートなし農奴生活15年で金なし・コネなし・常識なしのないない尽くし底辺人生から冒険者で一発逆転や~(劇的良くなるとは言っていない)

と言う感じですね。


というかよくよく調べたらこの作者、創世のエブリオット・シード 平和の守護者の作者さんなんですね。
あれは先に期待が持てる作品だっただけに1巻で打ち切り(?)だったのが実に残念だったわけですが、こっちが読み終わったらweb版だけでも読んでおこうかなぁ。


初めも順風満帆じゃないし、そこから契機を得て多少の好転はするけどそこまで劇的に良くなるわけじゃないし、というじわじわ感の塩梅がまぁ個人的には好きです。
ジャイアントキリングがないわけじゃないのでチートが全くないわけじゃないけれど、本気で何もないと本当にただの世知辛異世界転生記になっちゃうのでまぁその辺はこんなもんかなというのが個人的な感想。

主人公の食への欲求と悪食っぷりが特徴と設定に上手く絡んで魅力になってるかなぁと言う事で好印象である一方、まだ2章途中である事も原因だけどヒロイン方面は薄味かな。
ヒロイン方面はあくまで2章前半の暫定評価ですが。

前世知識も15年の農奴人生でかなり虫食い状態でそこから知識無双できるわけでもなくて、農奴だった割にはなんか・・・みたいな周囲の評価とか、本人の漠然としたこの世界への疑問とか、ちょっとした異物感程度に留められているのも好印象かな。



200話以上既にあって読み応えもたっぷりなのでしばらくこれに掛かりきりになりそうでありがたいわー。
更新追いつくまで楽しみ続けられるようならお布施のつもりで書籍の方も買っちゃおうかなぁって感じです。




それはそれとして「いせかいてんせい」って変換しようとすると「伊勢回転性」になるのがホント!ホント!!
チクショー!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック