異世界ノミ屋 あるいは召喚術士テレサは怠惰に稼ぎたい

異世界召喚モノ・・・・?


才能はあるけど怠惰な貧乏貴族のテレサに召喚された梅屋敷アキラ。
「地道に稼ぐのは面倒くさい、冒険者として一攫千金を狙うのも面倒くさい」などとのたまうテレサにアキラは悪い顔でこう言った。


「ノミ屋をやりませんか?」


これがテレサと梅屋敷の甘くもずるい小悪党マネーライフの始まりであり、伝説の大富豪にして黄金の魔女テレサの伝説の始まりでもあった。


異世界ノミ屋 あるいは召喚術士テレサは怠惰に稼ぎたい




召喚したら召喚しっぱなし・・・ではなく、パスだけ繋いで後は必要なときに来てもらう日雇い感覚の召喚獣契約。
尚且つ、そこそこいい大人なアキラと学生のテレサ、面倒くさがりとはいえそこそこ普通に善良なテレサを言葉巧みに(笑)小悪党の道に引き釣り込むアキラという立ち位置、視点は基本的にテレサ側・・・・という感じで読者もテレサと一緒にアキラがどんな小悪党っぷりを披露するのかワクワクするという楽しみ方とテレサちゃんがどんどん小悪党の道に嵌りこむ姿を愛でるという2つの楽しみ方がある作品です。


今月連載開始したばかりで、ほぼ日刊状態ですが、文字数は少ないので現時点ではまだまだボリュームは少なめ。
ただ元々自作のやる夫スレ「華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫1~7話、番外編14~17話」を原案として小説に仕立て直したものとの事でそちらは完結済みらしいので先が気になるならそちらを読んでしまうのもありかと。









以下、無関係の独り言

全滅ショックによりTOVを止めてTOBを始めたわけですが戦闘システムは間違いなくこっちの方が爽快で面白いですな。
個人的にはTOGなんかも戦闘に関してはかなり面白かった印象があるけどあっちはシナリオが同人的妄想ばかり捗る面白くない作品だったのに対して、こちらは主人公のベルベットちゃんがもうホント可愛いのな!

初期の過保護お姉ちゃんからのツンツンクールさんも良いし、絆されてライフィセットにデレデレになってからはニヤニヤだし、もうたまらんわ!!


欲を言えば戦闘終了時の掛け合いはもうちょっと増やして欲しかったところだけれど。
第二部っぽい辺りまでに結構時間と出来事があったはずなのに初期メンバーすらずっと同じ掛け合い1種なんだもんよ。


しかし閃の軌跡4発売までに終わんないよなぁ、これ。
初回プレイ時はフリーズして数時間分のプレイが無に帰してそのまま止めちゃったから(そんなんばっかやな)まだクリアしてないんだよなぁ・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック