天才王子の赤字国家再生術2~そうだ、売国しよう~

智者の思惑を出し抜くのはいつだって愚者(悪い意味で)

天才王子の赤字国家再生術2~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)
SBクリエイティブ
鳥羽 徹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


智者たちの策謀と思惑が智者に及びもつかない愚者の愚行によってひっくり返され右往左往させられるのが面白かったです。


なんか1巻の時にあった主人公への微妙な不快感が今回は感じられなかったので純粋に楽しめましたね。
なんでやろ?


本人は国売ってトンズラしたいと嘆くものの、ロワの思うそれがウェインの目的としてあるなら王という立場は「使える」ように思うんだけど、その辺が本人の葛藤なのか、それとも全く別の手法が頭にあるのか、それともロワのそれがただの見当違いなのか。


正直、「ロワが有能、ウェインが有能」そこは別に良いのだけれど、凡庸に見えて実は彼ら以上に老獪で化け物臭いくらいの能力持った老王とか出てきてくれると嬉しいな。
若者の思い上がりを打ち砕くような「壁」は欲しいところです。
その年で「完成」してるってのは凄いようで、実はつまらないと思うんですよね。

それにやっぱり「経験」ってものに意味を見出したいのはやっぱ自分が凡夫だからですかねぇ。


前巻の感想はこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック