勇者よ、たのむからオレでなく魔王さまに惚れてくれ! 絶体絶命の魔軍参謀

10月発売壱日千次作品第2弾。

勇者よ、たのむからオレでなく魔王さまに惚れてくれ! 絶体絶命の魔軍参謀 (ファミ通文庫)
KADOKAWA / エンターブレイン
2018-11-30
壱日千次

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


魔法塾の2巻はどうした!?


という事で10月発売壱日千次作品その2である。


もう一つの作品と比べると変態分増量のラブ(?)コメという感じ。
魔王と勇者はそれぞれ一方的にラブってるけど、主人公はそれに振り回されてるだけで別にラブってないからね、仕方ないね。


壱日千次作品としては珍しくちと不快感強めな魔王様。
三千世界の女帝(笑)さん以来かな。
どちらにも言えることだけど、権力者&自分の世界観の押し付けというか。
この魔王の勇者へのアプローチも、部下達への行いもあまり見ていて笑えるものではなかったかな。

立ち位置的にも変態的にも三千世界の英雄王に近いノリだし、自分の中での壱日千次作品としてはアレと同様下位になるかも。
むしろ主人公がそっちサイドの立ち位置で振り回される形になる分下がるかな。

でも読書メーター見る限りこっちの方が評価高いんだよなぁ、世の中ままならん。
しかもそれが「キャラが変態だから」みたいなのがまたなんかやるせないというか。
インパクト=面白さみたいな、実際のとこどうか知らんけどなんかそんな感じでいやな感じやわ。


最後にキャラ立ててきた四天王のチクシーがお気に入り。
というかチクシーのあれはどういう性癖なんだ?

上手い事四天王を生かして勇者にも振り回される形を構築できれば多少面白さも増すかなぁ。



作者の過去作品諸々
社会的には死んでも君を   
ひきこもりパンデモニウム  
魔剣の軍師と虹の兵団   
三千世界の英雄王  厨二じかけの学園都市 女帝と剣帝
バブみネーター
俺のお嬢様と天使と悪魔が生徒会で修羅場ってる!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック