イブニクル2 プレイ日記その1

とりあえず1章終了です。

イブニクル2
アリスソフト
2019-02-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


体験版は丸々1章だったのかな?
自分は買うのを決めた時点で大体体験版ってプレイするの止めちゃうんだけど、この作品も例外ではなくてユラギを嫁にしたところで止めてたんですよね。
でも体験版の感想でカノとの事後がどうのこうのというのをチラッと見かけたのでまぁそうなんかな?と。

カノの方はアレクとの過去の出会いが判明したあたりからボロが出てくるというか、それが初期とのギャップ萌えな感じで確かに可愛いですね。
ユラギの方はなんか独特でハーレムの一番嫁としては面白いかなとは思いますし、恋愛に慣れてないとこがあざといけど可愛いですよね。
そしてカノとのエッチ鑑賞はさすがに笑った。


アレクの方もスケベ心は天元突破してますけど(笑)医者としてはちゃんとしてるので凸凹嵌れば惚れられる事にも納得できる男だと思うので今のとこ悪くないですね。
サブ嫁とのHシーンもメディカの手段とその副産物(というか能力の一つ)の設定のおかげで無理はないかなと。
まぁこの手の特異な価値観や設定のある世界観で主人公だけが異常(正常)ってのは個人的には変な話だとも思いますが、そこはそうだからこそ主人公たり得るのだと言う事で納得しておきます。

まぁそれでも一夫一妻の設定だけはちょっとこれどうなんだ感ありますけどね。

円満夫婦の人妻とかスキル持ってない女が病気持ちだった場合とかどうすんだって感じはあるんだけど、この作品でそういう場面に遭遇することはあるのかねぇ。


あとはベイスケがさすがに「あの」クツトリの言を信じて暴走しちゃうのはどうなんだろな?ってのはありますね。
興奮剤飲んで暴走ってのはともかく、アレの言を受け入れて辺境伯が黒幕だと思った時点ではまだ素面だったはずですし。
物語動かすためっつってもさすがにあそこでその言葉信じちゃうのは脳筋に過ぎるだろうよ。

個人的にシャクレの最期もあんだけヘイト集めたんだからもうちょっとどうにか出来なかったのかな?とは思いますね。
哀れな結末だとは思いますけど、好き勝手やって迷惑かけて生きた報いというにはちょっとつまらないオチではありますよね。



百景探しはちゃんと仲間になってからじゃないと発見にならないのが微妙に面倒くさいというか。
1か所どうしても見つからないと思ったら、以前に訪れたのはまだユラギが仲間になっていなかったからイベントが発生してなかったせいっていう。
これ、つまり一人仲間増えるたびに回り直さなきゃいけないって事だよなーってちょっとうんざりしたわ。

それに関連する話でMAPがやっぱり微妙だよな。
これもうちょっとちゃんとしたの作った上で既に記録済みの箇所で仲間増えたり時間が経ったことでイベントが新たに発生した場合にはそれが表示されるようにしてくれれば便利なのにな。



あとはカルテ作成のステータスボーナスの振り直しがしたくてたまらないんですが・・・・。
防御とかHPとかレベルアップや装備品で増える数値よりも連撃率や耐性みたいな%で表される系のステ上げたほうが良さそうよな・・・・と数回防御に振った後に気づいたんよね。

ちな、ステアップ系アイテムは基礎値を上げるからアイテムの説明欄にある数字より実際の上昇値は大きいっぽいんだけど、カルテボーナスは多分これ違うよね?っていう。


あとその地域その地域で掛かる英雄病って固定らしくて、その時点で治療法が用意されてない(出来ない)ものは掛からないのはある意味親切設計だけど、そのせいでリスク0でレベル上げが出来るようになるのが世界観的にどうなのよ?とも思わないでもない。
いや、実はむしろカルテボーナスのために病気にかかりたくて溜まらないだけですが。



エンカウント率はカノちゃんが下げてくれるのは嬉しいんだけど、すっかり捕縛を忘れていたせいできゃんきゃんを探してうろうろしてた時は逆に索敵ボタンが欲しくてたまらなかったという。
ちな、結局いい具合にダメージを与えられなくなってたせいで捕縛諦めたけど。
きっとそのうち手加減攻撃誰か覚えるよね?



関連記事
体験版感想

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック