蜘蛛ですが、なにか? 11

主人公、(ほぼ)不在。
蜘蛛ですが、なにか? 11 (カドカワBOOKS)
蜘蛛ですが、なにか? 11 (カドカワBOOKS)


刊行ペースがそこそこの頃ならまだしも半年に1回ペースに落ちてるのにこんな本編から外れた補足とか外伝的な話やられても「本編進めろや」というのが先に来てしまうというのが正直な感想か。

いや、面白くないとは言わないんだけど。
タイミング的にも内容的にもアリっちゃアリなんだけど、刊行ペースが落ちてるのがとにもかくにも足を引っ張る内容だわな、と。

最後のイラストは胸熱。
10巻から話が本格的に動き出すまでの数年をユリウス視点でうまい事描写してるとは思うし、数少ない白ちゃんのシーンの大物感も胸熱だし。
合間合間に挟まれるソフィアの非行化(笑)&不遇っぷりも良い清涼剤だった。

そもユリウス君の勇者としての主人公っぷりもまたいじらしくもたまらんですよ?
いやもうほんとコイツ主人公だよ!
シュンと比べるとなんか雲泥感あるんだよね。
兄より優れた弟などいないのだよ!って事でしょうか。



とにもかくにも刊行ペースが遅いからとにかく本編進めて欲しいのよ!

だって作中時間軸の最新が多分5巻だか6巻だかだぜ?!
2年くらい話進んでないんだぜ?

そら話進めろよってなるやろ。
頼むよ!


シリーズの感想

この記事へのコメント