異世界で 上前はねて 生きていく (詠み人知らず) 〜再生魔法使いのゆるふわ人材派遣生活〜

ゆるふわ、サクサク、ほっこり系。


異世界で 上前はねて 生きていく (詠み人知らず) 〜再生魔法使いのゆるふわ人材派遣生活〜


商家の三男坊の異世界転生した元社畜が、もう働きたくないから適性があった治癒系の魔法を活かして欠損奴隷を安く買って治療して働かせて上前はねて生きていこうという、まぁタイトル通りの作品ですね。

チート級の再生魔法による初期の治療と元社畜ゆえに福利厚生を考えた待遇から奴隷たちに慕われ敬われ、魔法のおかげで無理も利くし待遇のおかげでモチベも高い、おまけに欠損奴隷ゆえに元手もかからんという事で人材派遣業が大成功し、さらには元現代人の発想を活かした学校での研究成果や商売など全方向にチートじみてリア充一直線という、山も谷もないゆるふわ系でストレスフリーでサクサク話が進む。


研究も再生魔法も「やろう!→出来た!」みたいな苦労とは無縁、過程も皆無な作品なのでそういう方向性で楽しむ作品ではなく、奴隷たちが主人公の興した会社に愛着をもってワイワイとした家族のような雰囲気と、奴隷や貴族や周囲の人間に認められて慕われ敬われという色々な意味で「心地が良い」類の作品です。


惜しむらくは奴隷の忠誠度が高いわりに奥さんが独占欲強いのでハーレムにならない事と、初期に出てきたヒロイン枠(と思われる)2人のキャラが出てきた意味もないくらいにさっくりフェードアウトしてハーレムにならなかった事かな。
え?それ分ける必要あるのかって?



なにやら書籍化の話も出ているとかいないとか。
ま、さっくり読むにはイイ感じの作品だと思います。



この記事へのコメント