オオカミさんと七人の仲間たち

アニメはなんか放映当時途中で切ったのとか興味を持たなかった作品を時折ふと見たくなります。
オオカミさんと七人の仲間たち 第1巻 [Blu-ray]
オオカミさんと七人の仲間たち 第1巻 [Blu-ray]


というわけで見てみたり。

まぁアニメ化としては可もなく不可もなく、でしょうか。
話の順番とかオオカミさんの可愛さとか色々と不満の多い出来ですが、最低限見せるべきものは見せているのかなぁというところ。

ただ原作最終巻のエピソードを変にラスト手前に持ってきた挙句の尻切れトンボはホント意味不明。
その後の最終話のマチ子さん相手のオオカミさんの亮士への感情の吐露とか絶対もっと可愛くできたろ!って思いますし。


個人的にはガッツリ26話くらいで最後にきっちりと原作ラストのエピソードを持ってきて大団円で終わらせて欲しいものです。
弄るなら弄るでもうちょっとちゃんとケリをつけてほしい。

とりあえずネズミのエピソードとかいらんよな、アレ。
それより田貫さんとかの方がキャラ的にも宇佐美さんのこと考えてもありだと思うし、猫さんのエピソードなんてそれこそ1話丸々使ったっていい話のはずだし。

あと白雪さんの声が正直なんか・・・。
声と言えばモモ先輩もなんかババくさ(ry


その上12話で2回も鬼ヶ島に乗り込んでるし、しかも人数が2回目の方が多いのも流れとかバランスとか考えるとアレだし。


うん、オオカミさんは自分のラノベヒロイン史の中でも歴代トップ3に入る萌えヒロインなのでそこを描写しきれていないのは残念でならないですね。
あれじゃ、今だと嫌われる暴力型のツンデレヒロインだよなぁ。



まぁそれでも一応最後まで見られた辺り及第点はギリ届いているのかなぁ。
・・・・原作想いで補正アリでだけども。

この記事へのコメント