ライザのアトリエ プレイ日記その1

自然回復待ち時間はこちらをプレイ。
ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ (パッケージ版封入特典(エクストラサウンドコレクション ダウンロードシリアル) 同梱) - PS4
ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ (パッケージ版封入特典(エクストラサウンドコレクション ダウンロードシリアル) 同梱) - PS4

はい、というわけでFGOのAP自然回復待ちの時間はこちらをひたすらプレイ中。

グラフィックが少し変わりましたね。
イラストレータの違いとかじゃなくてなんか作風の違いっていうか。
今までは元のイラストをそのまま動かす感じというかアニメ調な感じのグラフィックだったのがフィギュア風になったというか。
なんかまぁ良くわかんないけど多分そんな感じ!

で、イラストレーターが変わったのがこれグラフィックの変化に刺さってて、端的に言うとエロい!

アトリエシリーズの絵師ってどちらかというと可愛い系というかロリ系というかファンシーというか、それが今回はドエロ!性的!ぐうシコ!(酷い発言すぎる)
それが今回のグラフィックの変化にものすごい刺さってて、実にエロい!(2回目)


もちろんそれだけじゃなくて光の表現とかで背景的な意味でも凄い綺麗になってるんだけど、霞むね、エロい!(3回目)


調合システムもかなり大きく変えてきたんだけど、こちらもレシピ変化がなかなかに面白い。
とあるレシピに特定の材料を投入することで出来るアイテムが変わるんだけど、その特定のアイテムを投入する為にある程度の手順を踏む必要があるんでちょっと頭を捻る必要があるし、素材をある程度選ぶ必要も出て・・・って言っても別に難しいわけじゃないけども。
そして必要なアイテムや変化させられるアイテムは予め表示されているので模索する手間がかからないのは楽でもあり、同時に少しだけ手探り感がないのはつまらなくもあり・・・・かな?


あとは戦闘用のアイテムは1個作れば調合に使用しない限りは量産の必要がなくなったのもいいね。
もちろん無制限に使えるわけじゃなくて冒険中に使用できる回数にはある程度制限がかかるんだけど、素材の特性とかがランダムだからイイ感じなのが作れても一期一会だったのが本作では使い続けられるってのもそうだし、単純に同じものを大量に作る手間が多少なりとも省けるのもありがたい。


戦闘システムはちょっと慣れないうちは慌ただしくて焦るかな。
そこまで急がなくてもいいのかもしれんけど、そこはまだなんとも言えんな。


で、難点は少し文字が小さくて見辛いとか、モブキャラと出来る会話や、会話の変化が薄めなのは少しもったいないかな。
まぁこれは比較対象が自分の中じゃ軌跡シリーズなのでちょっと厳しい気もするけど。

レシピ変化のヒントをモブとの会話で色々と匂わせてくれたり、自分で傾向を探って試行錯誤したり、そういうのも楽しかったとは思うんだよね。
まぁ面倒くさくもあるんだろうけど、そこはバランス取り次第だと思うし。



キャラ紹介では嫌な奴風になってるボオスが正直そこまででもないかなぁって感じで、意外と好きになれるキャラな気がしないでもない。
まぁまだなんとも言えんけども。


とりま、FGOと並行しつつ、P5Rまでには終わらせないとなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント