FGOコミカライズ集

色々と買いあさったのでそれぞれに関して軽く感想を。
Fate/Grand Order-turas realta-(1) (週刊少年マガジンコミックス) - TYPE-MOON, カワグチタケシ
Fate/Grand Order-turas realta-(1) (週刊少年マガジンコミックス) - TYPE-MOON, カワグチタケシ

本編1部のコミカライズ。

あんまコミカライズってものに良い印象なかったんだけど1・2巻が無料で読めてイイ感じだったので色々と手を出すことになったきっかけの作品。
結果としてはFGOはどれもコミカライズなかなかイイ感じやな!という事で満足。


序章、1章ときて2章は飛ばして現在3章終盤。
おそらく4章も飛ばして5章で終わりじゃないかなぁと予想してみたり。

取り上げている序章1章3章に関しては無駄を省いて補足すべき所を補足して、シナリオだけを楽しむならゲームよりもこちらの方が上ではないかという意見も。

主人公・藤丸立香のキャラもアニメよりも良い感じ。
魔術師としては素人、一般人の域を出ない人物ながらも新米マスターとして英霊が力を貸したくなる善性やいざという時の決断、恐怖を感じる一般的な感性を持ちつつも前を向くその姿勢に、マシュが支えられているという事実への納得を得られます。


Fate/Grand Order ‐Epic of Remnant‐ 亜種特異点I 悪性隔絶魔境 新宿 新宿幻霊事件 (1) (角川コミックス・エース) - 佐々木少年, TYPE-MOON
Fate/Grand Order ‐Epic of Remnant‐ 亜種特異点I 悪性隔絶魔境 新宿 新宿幻霊事件 (1) (角川コミックス・エース) - 佐々木少年, TYPE-MOON

付加価値はない。
ゲーム以上でも以下でもない。
ある意味で忠実なコミカライズ。

主人公もまぁ毒にも薬にもならないような薄い印象かなぁ。

Fate/Grand Order ‐Epic of Remnant‐ 亜種特異点II 伝承地底世界 アガルタ アガルタの女 (1) (角川コミックス・エース) - 武中 英雄, TYPE-MOON
Fate/Grand Order ‐Epic of Remnant‐ 亜種特異点II 伝承地底世界 アガルタ アガルタの女 (1) (角川コミックス・エース) - 武中 英雄, TYPE-MOON

ゲーム本編が賛否両論あった亜種特異点Ⅱだけあってか、多少手を入れても正直微妙なとこはある。
というか他と比べると主人公自体の魅力もイマイチ。
清濁併せ呑むことも出来なければ何かしらの妙案が出せるでもなく、戦闘に寄与するでもなく、ひたすら感情のままに善性によって動きたがる一般人。
いてもいなくても変わらないかむしろ目的に対しては足を引っ張るくらいという辺りアニメ版藤丸に似ていなくもない。
それでいてそのスタンスがやたら持ち上げられている感を感じてしまうのが構成として上手くないな、と。
まぁそこはシナリオがシナリオだからどうしようもない部分もあるのかなぁという感じでもあるんですが。

とはいえゲームであった英霊に対するリスペクトのなさというか、変に気安いノリは若干鳴りを潜めていているのでゲームよりはマシ・・・かなぁ。

あと元々亜種特異点Ⅱは物語がギミックに全振りに近い構成なので、ゲームやって先の展開を知っているとそれだけで魅力半減で、そこを改善できるほどの付加価値は残念ながらこの作品にはないですかねぇ。


Fate/Grand Order-Epic of Remnant-亜種特異点3/亜種並行世界 屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負(1) (講談社コミックス) - TYPE-MOON, 渡 れい
Fate/Grand Order-Epic of Remnant-亜種特異点3/亜種並行世界 屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負(1) (講談社コミックス) - TYPE-MOON, 渡 れい

既に1部を経て世界を一度救った経験か、戦闘においてもそこそこの活躍を見せる女主人公・藤丸立香がカッコいい。
魔術師としての能力があるわけではなく、「影」として戦闘時のみの英霊召喚とその運用という戦術眼的な部分に能力を振っているのが塩梅としては素晴らしい。
そn影としての英霊召喚自体も色々なキャラを出せるので良いアクセントになっている。

そもそも発展途上の武蔵ちゃんと共に事件に立ち向かう姿は女×女で絵面が華やかかつ格好良いのでもうそれだけでもお腹一杯。
さりげないお色気も良い!

そして多分コミカライズ集の中で一番画力が高い。
1部と並んでおススメ度SSRです。

Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点Ⅳ 禁忌降臨庭園 セイレム 異端なるセイレム: 1 (REXコミックス) - TYPE-MOON, 大森 葵
Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点Ⅳ 禁忌降臨庭園 セイレム 異端なるセイレム: 1 (REXコミックス) - TYPE-MOON, 大森 葵

ゲーム本編で思いっきりスルーされた史実における登場人物の役割・補足がある分だけ話が分かりやすくなっている。
亜種特異点Ⅲ同様に女主人公で、こちらはマシュとマッシュマシュで良いです(意味不明)

あとはオリキャラがどう絡んでくるのかなぁとかそんな感じ。

Fate/Grand Order ‐Epic of Remnant‐ 亜種特異点EX 深海電脳楽土 SE.RA.PH (1) (角川コミックス・エース) - 西出 ケンゴロー, TYPE-MOON
Fate/Grand Order ‐Epic of Remnant‐ 亜種特異点EX 深海電脳楽土 SE.RA.PH (1) (角川コミックス・エース) - 西出 ケンゴロー, TYPE-MOON

買ってません(ぉぃ)

だってゲームでこのイベントやってないんだもの。
なんかこの前の冥界のクリスマスみたいな感じで復刻(?)されるかもって話だし。
したらとりあえずゲームで遊ぶまでは待つしかないやん。



1部&3章>>4章>>>>1章>2章というのが個人的なおススメ度ですかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント