数字で救う! 弱小国家 5 勝利する者を描け。ただし敵は自軍より精鋭と大軍であるものとする。

犠牲のない戦記物は緊張感が薄れるが・・・・

数字で救う! 弱小国家 5 勝利する者を描け。ただし敵は自軍より精鋭と大軍であるものとする。 (電撃文庫) - 長田 信織, 紅緒
数字で救う! 弱小国家 5 勝利する者を描け。ただし敵は自軍より精鋭と大軍であるものとする。 (電撃文庫) - 長田 信織, 紅緒


だからといって犠牲を許容できるかというとまた違うんだよなぁというお話。

ナオキと同じような視点で戦争を仕掛ける敵と「英雄」を相手に悪戦苦闘のファヴェールでしたが、なんだかんだでナオキの「魔術師」っぷりこそが際立ったともいえる第5巻でした。
無論、余裕などとは無縁の手に汗握る展開でもあったわけですが。

それでもその起死回生の一手の恐ろしさは他の戦記物とは一線を画す視点・発想と言っても過言ではない・・・ような気がする、というかそこまで追い込まれてもいないような気もしないでもないこともないわけですが。(どっちだよ)

いえ、何度となく作中でナオキ自身は死線を乗り越える羽目になったわけで、余裕とは縁がないはずなんですけどファヴェールという国自体はそこまで大きく追い込まれたかというとなかなかそうとは言い切れない所があったような・・・?

それはファヴェールにはナオキだけでなく、ソアラというもう一人の傑物(ただし友達はいない)がいたからでもあるわけですし、空白の数年間の準備によるところもあるのでしょうけれど、相手の戦術的・戦略的な勝利を一瞬で打ち消すかのごとき一手を次から次へと放って見せたが故で、その相手の勝利を打ち消すそれこそが「魔術師」の「魔術師」たる所以だという感じでしょうか。

多分一番ファヴェールという国そのものが危なかったのはソアラ闇落ちの場面ですよね。
あのままソアラが闇落ちしてたらはたしてどうなっていたか(笑)


若い世代の台頭というのもクローズアップされているわけですが・・・う~ん、ドグ(笑)
いや、個人的には閣下派閥なのでザマァ感あるんですけどね。



そして(物語的には)そんな若い世代が台頭してきたからこそという事なのかついに出てしまった犠牲。
おっさん・・・。

得難き友を喪ってしまったナオキの傷心に沁みた子供たちの突撃はなんかこっちも沁みました。



さて、続きはあるんですかね。
一応お話し的には片付いているようにも思いますが、もしかしたらまた数年空けて、今度は子供たち世代が主役とか。
そうしたらツナちゃんドグとくっついてそうで、閣下派の自分は吐血しそうですけどね。
いや、意外と閣下と子供作ってカタリナやルーカスと(もしかしたら彼らの弟妹達とも)一緒に登場するかもしれませんが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント