犬と勇者は飾らない 2

異世界から帰還後系2巻。
犬と勇者は飾らない 2 (オーバーラップ文庫) - あまなっとう, ヤスダスズヒト
犬と勇者は飾らない 2 (オーバーラップ文庫) - あまなっとう, ヤスダスズヒト

中学生の時に異世界に勇者召喚されて戻ってきたら両親死んでるし、自分は最終学歴小卒だしという現代日本で生きていくにはハードな帰還系。

地球にも実は魔術があって、幼馴染が実は魔術師で、事件に巻き込まれたけど元勇者の実力は現代日本の魔術社会でもピカ一で、無双が始まるか!?と思いきや、魔術を使うには資格が必要でしたので(当然)無免許だった主人公は無資格での魔術行使で逮捕ですという。

小卒にして前科一犯!

ハード!実にハード!どこまでもハード!
そんな第2巻なわけですが・・・えー、なんか何もなかった?
いや何もないわけじゃないんだけど、んー?なんだろ起承転結における承まで行ってるかこれ?
種まきも種まき過ぎて、歯ごたえが無いというか・・・いや現代側の魔術師の最高位の実力者も出てきて、当面一緒に動くなるチーム結成に至る流れとチームの面々の紹介はあったんだし、先の展開を匂わすようなものもなくはなかったんだから、十分か?十分なのか?

いや、実はウェブ版のエブリスタ?
あれをちょっと1巻読んだ後につまんでみたんですよね。
で、面白そうだったからすぐ2巻出るしとりあえずそこまで待ってそっちで楽しんだうえでそれ以降をウェブで楽しむか決めようと考えてですね、体感で2巻の内容の半分くらいのとこで止めたつもりだったんですよ。
そしたら・・・あれ?ウェブの方で読んだ分で2巻終わったぞ?という。


あるぇー?となりますよね?
でもページ数的には280くらいあるみたいだから特別少なくもないという。
あるぇー?


宍戸王子闇落ちする?というか、一人だけお礼とか見舞いとか来てないよね?
なんか初対面時の対応含めてコミュ力53万?え?マ?
ってな感じが強いんですけどどうなんでしょ?
今後このキャラがどんな方向へ進んでいくのかはちょっと気になるところ。
持って生まれたものに恵まれただけのボンボンではない事は期待したいですけど。
人間的な魅力とか諸々描かれるのかなー?
ある意味その辺がこの作品の評価の分かれ目かなぁという気はしてますが。
どうなることやら。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント