メイドが教える魔王学! ~ご奉仕は授業のあとで~

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した

メイドが教える魔王学! ~ご奉仕は授業のあとで~ (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
2013-12-10
泉谷一樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メイドが教える魔王学! ~ご奉仕は授業のあとで~ (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「私なら・・・・暗上院くんに半分あげます!」
「それから・・・・私も、半分あげちゃいます・・・きゃー!」


これは失敗した。
最初の数ページが試し読みが出来ればまず買わなかった。
そんな致命的なレベルで自分には合わなかった。

気弱なくせにツッコミだけはやたら強気な主人公。
しかも主人公のその突っ込みの為に取る周囲の行動は初っ端から、そして片っ端から意味が分からんレベル。

とりあえず周りに変なことやらせてそれを主人公に突っ込ませれば面白いやろ?的なそんな作者の思惑が透けて見える。
むしろこれを面白いと思って書いてるとしたらそっちの方がヤバイだろってレベル。

意味分からん周囲の人物や環境に対して置いてけぼり食らってる主人公だけれど、そんな主人公が張り切って突っ込む姿に読者が置いてけぼりを食らっているという。
主人公とその周囲と、そして読者との間でまるでキャッチボールが為されないという。

これはアカン。


※あくまで個人的な価値観による独断と偏見に満ちた感想です(保身)

"メイドが教える魔王学! ~ご奉仕は授業のあとで~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント