ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア3

本編に負けず劣らずの魅力が備わってきたんじゃないですかね?



「合法ショタ男の娘」
「ボクっこ萌え萌え女子高生コスキターッ!!!!」


オラリオの影で蠢く陰謀、第一級冒険者とそれに匹敵する存在による本編では見られぬ高みでの緊張感のある戦闘、そしてアイズの秘密。
本家に劣らぬだけの魅力がようやく揃ってきたんじゃないですかね。

そして何より会えない時間が愛を育む・・・ってわけじゃないですけど毎回逃げられて「どうして?どうして?」ってアイズの中でベル君の存在がどんどん大きくなっていくのにはニヤニヤです。

アスフィが相変わらず良いキャラしてましたね。
「万能者」の名に恥じぬ、トリックスターっぷりというか。
指揮官としても個人戦闘においても獅子奮迅の活躍。
能力差のあるオリヴァス相手に最後に一矢報いた場面とか激熱じゃないですか。

それと新登場のフィルヴィスも。
最初ヤンデレキャラなのかと思いきや不幸を背負ったクーデレさんじゃないですか。
今回レフィーヤに絆された感じになりましたけど、6巻後のベル君ともレベル的に釣り合い取れそうなんで本編の方にも出番があるかも?
あー、でもキャラ的にリューと被るか?
でもファミリアで持て余しがちなら、ギルドのブラックリストに入ってるリューと違って改宗とかも出来そうなんだけどなぁ。


しかしこうしてあちこちの神様方が都市に蠢く陰謀を嗅ぎ付けて事実を探り、対策を講じようとしているのを見るとヘスティア様の頼りにならなそうなへちょっぷりは酷いな!
まだヘスティア様はそれがいいのかもしれませんけどね。
ただ子を照らし、見守る太陽の如き存在なのですよ!

そうそう、これ、作中の書き方的に実はLV.6どころかLV.7とか居そうですよね。
筆頭候補はやはりオッタルか。

そして今回も当然限定版を買ったわけで、小冊子がついてきたんですけど、ベルくんこれロキ・ファミリアの中だけで見てもアイズだけじゃなくてティオナともフラグ立ててますよね?
もともと本編の方でも随分と好感度高かったわけですけど後々あの絵本がフラグを回収する際に役立ってくれる気がして仕方ないです。


シリーズの感想一覧
     
外伝 ソード・オラトリア 
  

"ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント