ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11

「ベル、どうか――再戦を」

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11 (GA文庫)
SBクリエイティブ
大森 藤ノ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11 (GA文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


少年(リトル・ルーキー)の名声は地に堕ちた──。

竜の少女(ウィーネ)を救った代償として人々からの信用を失ったベル。
悪意と失意の狭間で少年は傷付き、苦悩する。だが、

「迷わないで。貴方の側には失われないものがちゃんと残っています」
出会いの絆に支えられ、決意を新たにした少年は仲間とともに立ち上がる。
再び戦場へと変わる迷宮街で決行される『異端児(ゼノス)』帰還作戦。
その前に立ちはだかるは都市最強(ロキ・ファミリア)。
賢者の知恵、勇者の策、神々の思惑、そして黒き獣が咆哮を上げる時、少年の心は回帰する。

「僕……強くなりたいです」

これは、少年が歩み、女神が記す、
──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──


神・ヘルメスの策による民衆の手のひらくるっくるに期待なんて10巻の感想で書いたらその神の思惑すら覆すいつかの再戦がぶち込まれて見事に神(作者)の手のひらの上で踊らされていたのは読者(俺)だった!?的な展開の11巻です。

そろそろ力を求める意思の再ブーストの為の挫折が来るかな?来るかな?という所からの10巻の挫折&ザオラル奇跡で見事に先達とは違う道を歩ませつつ、まさかこの11巻で因縁使ってさらなるブーストが来るとは。

ヤンデレじみたヘルメス様の神意やアイズに監視されてる中でこれまでに堕とした女とのコミュニケーション行脚に走るベル君の男気(違)とか、まぁ色々と見所はあったはずなんですけどね。
そういうの全部吹っ飛びましたね。
全てを掻っ攫っていったいつかの再戦。

まさか3巻のアレを超えるものが見られるとは思いませんでした。
あれこれ語るのも野暮だなってくらい(←言い表せない貧弱な語彙への言い訳)実に素晴らしい11巻でした。


シリーズの感想一覧
         10 
外伝 ソード・オラトリア 
     

"ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント