P5A 12巻 感想

ロイヤル前に盛り上げていこう!(気が早い)

ペルソナ5 ザ・ロイヤル - PS4
アトラス
2019-10-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


本編の方はもう端折り過ぎてゲームやってないと微妙過ぎるよね。
まぁゲームやってても微妙だったけど。
ついでに作画もなんか一部微妙じゃね?っていう。


そして本編よりもむしろ本編というかメインだったバレンタイン編。

いちお全員デートの場所が違うんですね。

全員最後がキス顔ズームアップで終わるのがヤバいです。
ニヤけます。キモイです。(笑)


ちなみに印象深いTOP3をピックアップすると、

バレンタインに水着て!発情しすぎやろ一二三ちゃん!
教師、家に連れ込んどる!(笑)
武見先生のこれ絶対食われてるヤツじゃん(笑)


という感じですかね。


そして恐怖の修羅場編。
あの状況からリカバーとかどんな説得スキルっていう。
いや、ゲームの方の感想でも言ってた気がするけどさ、自分以外に8人本命渡しに来てる状態だよ!?
しかもあれ毎回思うのは生徒が3人もいる場でいいんすか、先生?っていう(笑)


あと発売前から話題になっていたシークレットはやはり冴姉ちゃんでした。
圧倒的大人力。
エロさでは武見先生に、雰囲気的な意味では冴さんに、背徳感では教師川上にそれぞれ負けていながら、大人アピールしていた大宅さんのこの残念感!&そのうえで垣間見せる面倒くささ。
まぁあの人はその面倒くささが魅力と言えば魅力なんで十分差別化&魅力を押し出せてるけどね。



とりあえずこれはもうロイヤルでは当然、冴さんは恋人になれるよね?!
新キャラ含めて11股可能かな?
個人的にはP4の時みたいにダンジョンの休憩室でコープの進行度と関係次第で女キャラ同士のプチ修羅場が見られるようになってると良いんだけど・・・。



うーん、ロイヤルが待ち遠しいね!

"P5A 12巻 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント