冒険家になろう! スキルボードでダンジョン攻略(WEB版)

今4章途中。
冒険家になろう!~スキルボードでダンジョン攻略~ (Mノベルス) - 萩鵜アキ, TEDDY
冒険家になろう!~スキルボードでダンジョン攻略~ (Mノベルス) - 萩鵜アキ, TEDDY

書籍化もしている現代日本を舞台にしたダンジョン探索系作品。

タイトル通りユニークスキル的な形で「スキルボード」という成長要素を手に入れた主人公がその成長速度と特異な装備で周囲をざわつかせる作品。



主人公は尋常じゃなく影の薄い人間という設定で学生時代はクラスメイトにすら認識されない、ファミレスで店員に声をかけても気づかれないなどざらという。
そんな主人公が目立つために冒険家になり、ランカーを目指しているわけですが残念ながら成果は・・・。

というある日自宅に新しくダンジョンが出来、「スキルボード」という成長要素を手に入れる。
・・・・が、それで何が変わるわけでもなく、ブログのPVが増えることもなく。
しかしダンジョンで手に入れた素材を売却する際の装備更新で押し付けられた(見た目)呪いの仮面により運命が変わる。


その(見た目)呪いの仮面には人の視線を(悪い意味で)引き付ける力(=インパクト)があったのだ!

こうして主人公の運命は定まった。
それがどんな意味だろうが他人から認知されるという事に飢えていた主人公は喜び勇みその仮面をつけて他人の視線を(仮面だけが)引き付けて、スキルボードによる圧倒的な成長速度と共に冒険者の中で(ヤベェ奴と)認知されていく事になるのだ!

とまぁそんな感じのお話です。

他人からの認知というものにとにかく飢えている主人公は、それがバカにするような話題であっても他人の口から「自分」が語られるという事に喜んでしまうという健気さというかいじましさというか、それがなんとも涙を誘う作品です(笑)



俺TUEEEEというにはちょっと周囲の壁が高いんですが成長速度がパない感じでルーキーから逸脱し、中級を追い抜き、熟練を凌駕し、みたいな辺り、現代版ダンまちという雰囲気も無くはないですね。
いや、ベル君と違ってかなりイロモノ極まりない主人公ですけど。

ただスキルボードという他の人にない成長要素を持ってる主人公ではありますが、それだけに頼りきりの成長ではなく色々な技術などの研鑽研究考察も行っており、相乗効果での成長という感じなので嫌味が薄いです。


他、世界観として現代日本とは言いましたが、ダンジョンから魔物があふれ出るスタンピードが過去に起こっており、また海底のダンジョンから溢れ出た魔物のせいで海上交通網が寸断されていたりで色々と生活水準において現代に劣ってますし、登場人物に悲劇を抱えているのが当然という空気もあります。

そのせいなのかなんなのか、主人公、割と素でヤベェ所もあります。
まぁ基本的には善良で真っ当ですけど、タガが外れてる感じなどがチラリと。
それが成長速度に一足買ってるとこもありますが。



あとはなんといってもぅゎょぅι゛ょっょぃである。
これについてはぜひ作品を読んで詳細を確かめて欲しい。


冒険家になろう! スキルボードでダンジョン攻略(WEB版)




追記
読了。完結してるというから最後の方、ここからどう畳まれるのかと思ったら打ち切りエンド的な終わり方なのね。ちょっと残念。
感想書こうと思ったら受け付けて無くて、でも幾らか読んだらその打ち切り投げっぱなしエンドに対する微妙に批判的な感想多くて納得。
正直気持ちはわからんでもないけどそれでも楽しませてくれた作品だからそういう感想はなぁ・・・とも思うんだけど、打ち切る作品を買って買ってとやたらセールストークしてるのが癇に障るのかね。
気持ちはわからんでもない(笑)
でもまぁエタるよりは多少なりとも区切りのいいとこまで書いて完結宣言の方が良心的かなとも。
書籍版買うつもりだったけど、本当の意味で完結されないままだとさすがにちょっと空しいからやめておこう。

"冒険家になろう! スキルボードでダンジョン攻略(WEB版)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント