オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 社会的には死んでも君を! 2

<<   作成日時 : 2011/03/31 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

世に数多在るラブコメ作品。そんな数々の作品における“お約束”が実際に起こったら・・・・・?


社会的には死んでも君を! 2 (MF文庫J)
メディアファクトリー
壱日 千次


Amazonアソシエイト by 社会的には死んでも君を! 2 (MF文庫J) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これはつまるところそんな作品です。

中学時代一人の幽霊と思しき少女と出会い取り憑かれた(?)彼を襲う一日二回の“ラブコメ現象”
それにより彼は社会的に抹殺された中学時代を送ることとなる。

心機一転、新天地の高校にて数々の対策を元にまもとな生活を送ることを誓う彼。
そんな彼を見初める超個性的な少女たち。
彼を襲う“ラブコメ現象”の数々。
彼はしかし、それらに流されず、少女たちの求愛も受け容れない。
何故なら彼・薩摩八平は、彼に取り憑く幽霊・香月を愛してしまっていたから。

誰からも姿の見えない、認識されない幽霊・香月。
彼女を愛することを表現すれば周囲は彼を狂人と見なす。
襲い掛かる“ラブコメ現象”は彼を社会的に抹殺しようとしてくる。
それでも彼は香月を愛する事を諦めない。

愛する彼を狂人にしたくない香月は彼と距離を置くことを考えるが彼の体を張った説得により素直に彼を受け容れる事を選ぶ。
お互いの想いを確認し合い、“両思い”というささやかな幸せを噛み締める二人。

そんなある日、彼女を認識できる彼以外の存在が現われて・・・・?



正直、続編が出ると聞いて何よりも心配だったのがギャグに傾倒し、この作品の魂である香月と八平の悲恋とも呼べる純愛がラブコメに侵されるのではないか?というのが何よりも心配でした。

しかしまぁ読んでみればそんな事はなく、降りかかる“ラブコメ現象”と誰も認識できない香月への愛情という二つの超常の刃は、八平を容赦なく社会的に抹殺しようと襲い掛かります。
それでも八平は香月への一途な愛を貫き、“誰からも認識されない”という孤独を抱える香月を少しでも喜ばせようと様々な形での配慮を心掛け、香月もまたそんな八平を思い遣り、少しでも八平の役に立とうと健気に振舞いつつも、二人でラブラブにイチャイチャと過ごす日々はとても微笑ましくあります。

また彼を想うヒロインたちもかなりのキワモノ揃いで軽妙な掛け合いと共にともすれば暗くなりがちな物語を明るくする事に一役買っています。

そして香月を認識できる八平以外の存在。
香月を認識できるだけでなく、端から香月の事を知っていたかの如き、物語の鍵を握るであろう新キャラクターですが、八平も香月もまだ気付いてねぇッ!という。
いや、それはどうなんですかね?もう少し物語を進めても良かったような・・・・。
結局この新キャラクターが知っている事柄も何がなにやら、思わせぶりなまま明かされていませんですし。

しっかし、ただでさえストーカー×2というサブヒロインが極みきった作品なのにさらに変態分増量とか、どうなんでしょ?まぁ読んでいて楽しいから良いんですけどね。
というか忍はあれ、SなのかMなのか判断に苦しむんですけど超越しちゃってるんですかね?
万石浦に至ってはそもそも出す必要があったのか否か。はっきりいって物語そのものにはかなり不要な存在ですよね?

1巻から引き続き登場のサブヒロインたちは相変らず魅力的ですね。
完全に本性を現した義姉は最早スプラッタの域というか。
脳だけ取り出して繋がってとか、さすがにそれは萌えられんわッ!っちゅーか引くわッ!

佳乃さんは平常運転ですかね。
誘い受けのクセに意外と純情っぽい(のは演技か?)のとか結構好きなんですが。

そして前回に続いて唯一まともなのでただそれだけでアドバンテージがあるという生徒会長・鈴音。
最後にやってくれましたね。
ただまぁ前回のラストでもやってくれたのに知らぬ間にスルーされていたので今回もそうなったりして・・・という危惧もあったりなかったり。

そしてこの作品は掛け合いがまた魅力的です。
皆が皆オールマイティーなのか入れ替わり立ち代りボケたりツッコんだり。
テンポがよくて素晴らしいですね。
まぁ約一名ボケオンリーっぽいのもいますけど。
誰とは言いませんが爆乳なあの人とか。

少しずつ“ラブコメ現象”が八平の高校生活を脅かし始めましたね。
正直、これはもう時間の問題と言うか、元々時間の問題だったと言うべきか。
香月と恋仲になったことがまたそれに拍車をかけます。
それが香月の罪悪感を呼び込み、すれ違いの種となり、しかし八平の常日頃からの香月への想いは本物ですからそう簡単に崩れる信頼関係でないのも確かです。
何はともあれ、彼には幸せな高校生活を送っていただきたいものです。
もちろん、香月と一緒に。
きっとヒロインたち(というかストーカー×2)は香月の存在程度では諦めないでしょうし、出来ればハッピーエンド後にも少しだけハチャメチャなラブコメ物語を続けて欲しい作品ですね。
まだ完結もしていないのに・・・・というかハッピーエンドの糸口すら掴めていないのに気の早い要望ですけど(汗)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
しんでもなんなの?
オタクキモイーシヌ
オタク
2012/09/07 21:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
社会的には死んでも君を! 2 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる