オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS ログ・ホライズン 5 アキバの街の日曜日

<<   作成日時 : 2011/12/01 04:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

腹黒眼鏡にモテ期到来!?


ログ・ホライズン5 アキバの街の日曜日
エンターブレイン
橙乃ままれ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ログ・ホライズン5 アキバの街の日曜日 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「シロ様を誘いにきたんです。わたしのところへきてくださいませんか?」
「シロ様がよいです。シロ様が特別だと思います。シロ様だけを誘いに、シロ様だけを乞いに、この街まできました」
「わたしを、濡羽を、シロ様の言い訳にしてください。濡羽を理由にしてください。――それでシロ様は、シロ様の力を完全に解放することができるでしょう?制約や規制に囚われず、その智謀のすべてを縦横無尽に振るうことができるでしょう?わたしはシロ様だけを望みます。だからシロ様は、濡羽を理由に、言い訳に、ありとあらゆる我が儘なことをしても、よろしいのですよ?」



とりあえずヤンデレヒロイン参入という事でよろしいな?
そしてヘンリエッタさんはきっとどこかで加速するんですよね?
今、ちょっと外から眺める傍観者的立ち位置気取ってるけど何かフラグ立てて、大外から一気に駆け上がってくるんですよね、わかります。

現役中学生のミノリは自らの恋を自覚し、シロエを追いつつも彼の力となるために彼とは違う力をも求め始める。
そして見た目中学生のアカツキは自らの身に訪れた恋の甘さに浸りながらも、ライバルであるミノリのシロエへの理解度に自分の中途半端さに歯噛みする事に。

シロエに言わせればそれはきっと適材適所とでもいうのか、お互いにお互いを見て自らの至らなさを思う二人ですが、それぞれが違う存在なのだからライバルと同じような関係でいられるはずもなく。
自らを高める意思を持つのは悪いことではありませんが変に拗らせて負の方向に思考をやってしまわないかだけは少し不安ですね。
ミノリの方は大丈夫そうですけどアカツキの場合、色々とコンプレックス抱える少女なだけにやや不安が残ります。

まぁそんなメインヒロインとも言うべき<記録の地平線>の二人や、まだ目覚めきっていない(と信じる)ヘンリエッタさんよりもまず今回初登場のヤンデレ(仮)さんですよ。
これまで明らかにされてこなかった西の情勢と共に現われた濡羽。

エロいな!
やっぱりヒロインはエロくてなんぼだな!
思わずそんな結論をおったててしまいそうになる挿絵と口調とその言葉。
これで実際に「事」に及ぼうとしたら頬を赤らめて受身に回ったりなんかしちゃったら最強だろ?
正直、毒が強いからヒロインとしては賛否両論あるだろうけど、ここでなんかそういうピュアっぽさを出しちゃったりしたらギャップ効果でやっぱり最強だろ?
無論イメージそのまんまもソレはそれで良いし、その場合女王様チックになって責められるのも燃えるし、逆に首輪を付けてペット扱いも捨てがたい。
SもMもピュアも淫蕩もこなせるとか最強だろ。
やっぱりヒロインは基本エロくあるべきだなッ!


しかしこれ、最終的にはどう落ち着くんですかね。
もちろん気になっているのは作品の行方・・・・などではなく、ハーレム模様、もっと言えば濡羽さんなんですが。
<Plant hwyaden>がなんらかの理由で崩壊、もしくは内部分裂で濡羽を拾うってのはないでしょうから、東と西の同盟的な感じが落とし所ですかね。
レイネシア姫みたにアキバに西の窓口として常駐とか。
え?トップじゃないの?なんて意見は無視で。
実務は別の人間が取り仕切ってるみたいですし。
濡羽は、なんというか<何か>を求めてさ彷徨する迷子、みたいな印象に見えたんですよね。
何が欲しいのかも分からず、それでも「何か」を求め続け、「それ」を得るためには手段すら選ばずに。
全くの見当違いかもしれませんけど、そういうイメージ。
そしてそういう「真摯」というか「ひたむき」というか、猛烈な「渇き」のよなものなのか。
とにかくそういった強い「求め」ってのは満たされて欲しいと思ってしまうんですよね。
だからまぁ個人的には彼女もヒロインとして応援する方向で。


今回は半ばまで日常編という事でヒロイン達のいろんなファッションも見られましたが、ミノリのあのデニムのロングスカートの衣装。あれ中学生じゃねーべ?
お嬢様大学生というか、品のよさと大人っぽさを併せ持ったかなりの破壊力ですよ。
まぁ個人的に「デニムのロングスカート」というアイテムにやたら思い入れがあるだけんなんですけど。
そしてアカツキさんは囲炉裏の前で正座して悩む姿がラブリーですね。


あと<茶会>の「彼女」。
随分とシロエに影響を与えているというか、現在でも一定の割合を占めているというか、ある意味でヒロイン達にとってのラスボス?
彼女との、というか<茶会>で過ごす彼らってのも見てみたいですね。
外伝とかでも良いし、そのうち本編で見られるならそれはそれで待ちますし、よろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ログ・ホライズン 5 アキバの街の日曜日 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる